« 2010年2月号は12月21日発売!! | トップページ | 講演会大盛況! »

2010-01-04

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。今年も小誌を何卒宜しくお願いいたします。おかげさまで現在発売中の2月号は、いつも以上に多くの皆様にお読みいただいているようです。厚く御礼申し上げます。

 年の初めに是非、渡部昇一先生VS櫻井よしこ先生の「絶望は希望のとば口」をお読みいただき、保守再生への気持ちを新たに一年を出発していただければと思います。

 年が改まると気分が改まり、何かスッキリしてしまいますが、旧年中に持ち上がった国内外の課題はそのまま持ち越されています。
 編集部一同も、今年も頑張って行きたいと思いますので、ご愛読、ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。
 2月11日、建国記念日には創刊五周年記念大講演会も開催されます。編集部には早くも参加希望のFAX、お葉書が殺到しております。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

|

« 2010年2月号は12月21日発売!! | トップページ | 講演会大盛況! »

4.かじぃーの『或る日の編集部』」カテゴリの記事

コメント

管理人様、皆様、おはようございます。
「東宮職医師団見解」発表数日前からネット上から姿を消していた「ハマナス」一派(雅子妃本人や小和田家関係者との疑いが極めて濃厚)ですが、「見解」発表後の2月11日前後から再びネット上での活動を活発化させておりますので、改めてまとめてみました。


長期株式投資様
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2010/02/post-c57e.html#comment-42098022
皆様ごきげんよう。わたくしがフランスに行っている間に言いたい放題ですこと。23日は皇太子殿下のお誕生日を心をこめてお祝いいたしたく存じます。

投稿: ハマナス | 2010年2月11日 (木) 19時31分

桜花-愛するニッポン-様
http://news-japan.jugem.jp/?eid=458#comments

本人達が愛し合っているのだから、離婚なんて有り得ない。
それよりキチガイ狐のしまつを早くしてくれ。
| ドロン | 2010/02/11 20:59(木) |


事件簿様
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/comment/%a5%bc%a5%cb%a5%b4%a5%b1%a5%c9%a5%ec%a5%b9#comment

ノリコハハヤクシネ オマエハバイシュンフ イカ

Posted by * 2010年02月11日(木) 22:05:55

そしてついに月刊WILLブログ様でとんでもないことを

http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2010/01/post-d54e.html#comment-42130287

これってネトウヨなんですか?紀元節の集会とかやってる人達いたよ。
僕は医者の卵だけど、皇太子妃さんは頑張ってると思いますよ。
いい大人がいじめブログやってるとはあきれました。
ブルーフォックスって実は紀子さんなんじゃない?御茶ノ水のPCから書いてたりしてW嫁どうしのバトル!
本は売店にあったら読んでみますよ。編集部のブログってことは広告なんでしょ?

投稿: ひろせ | 2010-02-12 13:20

それを叩かれると戻ってきて

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2010/02/post-c57e.html#comment-42158869

『ブルーフォックス=紀子さま』説

今年に入って一番ウケました!

どこにでも『言葉遣いがマトモなアホ』っていますよね〜。

そんなエッジのきいたシャレを思いつく人の顔がぜひ見たいですね。

投稿: | 2010年2月13日 (土) 00時23分

ブルーフォックス=紀狐さん
CIAメル凸推進委員会=ナマズ宮

やっぱりね!
以前からそうじゃないかと思っていましたが!

投稿: | 2010年2月13日 (土) 01時19分

しかしまともに相手をしてくれるのは創価工作員のdiary_dailyだけです。
雅子妃or礼子氏本人も他のサイトで晒している醜い本性を隠して常識人を装っている卑劣ぶりです。

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-32.html#comment168


病名について
ご無沙汰しております。東宮医師団のコメントはまだ見ておりませんが、神戸へお出ましになれたのですから、順調だと確信しております。ただ、『適応障害』とは、医学的には数カ月で治るものです。(五月病など)
ですから、わたくしとしては、違うのではと考えるのです。あたかも皇室に適応しない事を強調しているように聞こえ、お気の毒です。
寒さ厳しき折、御自愛くださいませ。
久邇晃子 URL | 2010/02/11 19:09 |

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-181.html#comment172


学習院の生活
浩宮様の生徒時代のお話ですね。ちょっと時代錯誤ではありますが、あの頃はしょうがなかったんでしょうね。
東宮様御本人は敬宮さまを「さま」ではなく「さん」と呼んで欲しいとおっしゃったようですから、ご自分の御幼少の時と変えたいとお考えだと思います。しかし、先生方が「宮さま」と呼んでしまうんですよね。そんな中、愛子さまは伸び伸びなさってらっしゃるので、新しい教育の良い結果が顕れていると思います。愛子さまのお習字を拝見しましたが、お子様ながらとても積極的かつ堅実とお見受けいたしました。わたくしは筆跡鑑定を専門にしているわけではありませんが、心理学上、十時に交差する縦の線が上に多く出して書く人は積極的(自身に向上心や前向きさがあるかどうか)。「はね」や「はらい」を長くはねないのは華美を好まない堅い性格です。もっと違う字も拝見しますと、外向的か内向的かもわかります(積極性とは別、お友達付き合いがいいか等)。浩宮さまからそれてしまいましたが、いまの愛子さまの姿から浩宮さまの望まれていたものを感じます。御所に同級生の子達や親御さんをお呼びになったりなさらないみたいです。学校は学校、ファミリーは水入らず。欧米式でしょ。
本当は皇后さまもそうなさりたかったのでは…
今のご家族3人は必ず新しい時代を築かれると思います。長くなってごめんなさい。
久邇晃子 URL | 2010/02/12 15:44 | 編集

取り急ぎ、報告まで。

投稿: ブルーフォックス@「東宮職医師団見解」発表以後、あちこちのブログで再び暴れ始めた雅子妃とその一派。まともに相手をしてくれるのは創価主婦http://diarydaily.blog93.fc2.com/ | 2010-02-13 08:07

すでに再三述べているが、雅子妃一家の問題点については大きく以下の4つに集約されよう。
ちなみにこういった問題は両陛下や秋篠宮ご一家にはないことだ。

1.雅子妃と反日との数々の接点
 売国外務官僚の父・小和田恒「A級戦犯」を断罪、「日本ハンディキャップ論」
 本人も外務省出身
 身元調査をしようとしたとき部落開放同盟から抗議を受けた。
 反日思想の拠点・国連大学に足繁く通っている。
 創価学会(皇太子も関与)

 愛読書は大江健三郎との情報も。

2.女性として社会人として恥ずかしい言動の数々。
下記参照

皇室全般画像掲示板
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

3.入内の不審な経緯
★初対面の場・エレナ王女歓迎の茶会の出席者名簿に手書きで「小和田雅子」…こんなことが許されるのか?
★昭和末期から行われていた,国民への売り込み.
★今上両陛下や護衛官の目を盗んでの“再会”.
★女性・女系天皇計画との連動.
★「自信」「決意」宣伝…代替わりまでの執拗な時間稼ぎ工作.
★愛子天皇への道をつなぎとめておこうとの工作.
★徳仁天皇が小和田に操られる危険.

詳しくは下記を

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2008/01/post_a544.html#comment-33550853

4.愛子内親王殿下へのしつけがまったくなっておらず、国民への悪い手本になっている。

反日まみれであることひとつとっても到底看過できる問題ではない。

気にかかるのは、この

「何故、雅子妃らが批判されるのか」

というポイントを突かれる=すなわち、話の流れが雅子妃の非に向かおうとすると、話を潰そうとしたり、話の流れをずらし、雅子妃の非から遠ざけようと誘導しにかかったりしてくる。
絶対に、正面から反論しようとしないのだ。

何か、

「雅子妃の非を暴かれては都合の悪いこと」
「雅子妃を悪者にされては都合の悪いこと」

があるのかと思わざるを得ないわけだが…。

こういった雅子妃批判のポイントについて糾そうとすると、正面から反論しないで必死に誹謗中傷や足掻きばかりしてくる人物。

雅子妃本人か、小和田家の人物であれば答えられるはずもあるまいな。

投稿: ブルーフォックス@何故、雅子妃は批判されるのか;そしてそこを突かれると必死に話をずらそう、つぶそうとする者To ひろせ | 2010-02-12 13:20 | 2010-02-12 20:53

これってネトウヨなんですか?紀元節の集会とかやってる人達いたよ。
僕は医者の卵だけど、皇太子妃さんは頑張ってると思いますよ。
いい大人がいじめブログやってるとはあきれました。
ブルーフォックスって実は紀子さんなんじゃない?御茶ノ水のPCから書いてたりしてW嫁どうしのバトル!
本は売店にあったら読んでみますよ。編集部のブログってことは広告なんでしょ?

投稿: ひろせ | 2010-02-12 13:20

平成22年の建国記念日にあたってこれだけは言いたい。
今、日本は反日亡国政権の手に落ちてしまった。
そしてこのままでは遠くない将来、徳仁天皇・雅子皇后という
「国民の悪しき手本となる天皇・皇后」
「国民に失望される天皇・皇后」
「国益を損なう天皇・皇后」
が誕生しかねない危機に陥っている。
日本国家としてそれでよいのか!?
「憲法残って国滅ぶ」であってはならないのと同様に、
「(反日亡国の)天皇皇后残って皇統滅ぶ、皇室滅ぶ、日本滅ぶ」であってはならない。

投稿: ブルーフォックス@平成22年の建国記念日にあたってこれだけは言いたい。 | 2010-02-11 23:24

◆矛盾した主張

>皇太子妃殿下が5年半前とは較べられないほどに良くなられた

>妃殿下のご快復はずいぶん進んでおりますが,


と言いながら、


なおご体調には波がおありで,
>活動の幅を更に大きく広げていただくまでには,さらなる時間が必要であると考えられます。


この矛盾した2つの表現をいつまで繰り返すつもりなのか?
以前にも述べたが、遠からぬ将来訪れる代替わりまでの必死の時間稼ぎだろう。 (なお、このような言い訳をまかり通らせている背景については後ほど述べたい)

◆私的活動うんぬんよりも数々の反日との接点こそ問題だ。


「医師団見解」では必死になって”私的活動”の「正当性」を主張しているが、すでに拙サイトでも述べてきたように、雅子妃の批判されるべきもっと重大なポイントが4つある。


①反日との数々の接点

②品位を欠く数々の言動

③愛子内­親王のしつけがまったくなっていない

④入内までの不審な経緯

④は言うまでもなく2003年末の「発病」以前の問題であり、①②③についても「発病」以前から数多くあった問題である。

また、①②③④ともに「ご病気」であっ­たとて許される問題ではない。
②③は国民に対する悪い手本になってしまう。

特にここでは①の反日との接点について述べたい。
去る1月26日にも皇太子夫妻は2人で国連大学に出かけている。
実父・小和田恒氏が超一級の反日売国外務官僚であることをはじめ、本人も外務省出身であり、現在もなお創価学会などの反­日との接点を持っている。
(皇太子についても言えることだが、)日本国の伝統と文化の中枢である皇室のそれも次代の皇后になろうとする皇太子妃がこれだけ反日と接点を持つのでは、日本国歌の政権の地位にありながら反日と気脈を通じている鳩山由紀夫・小沢一郎・­福島瑞穂らと変わらないではないか。
天皇・皇后が国益を損なう、日本を軽んじる、日本を貶める…そのような事態を極めて憂慮する。
国連大学と言う反日活動の拠点に皇族が頻繁に出向いてよいのか?という質問を、どなたか雅子妃に投げかけてはくれまいか?

2カ月遅れ「東宮職医師団見解」(2)国民を欺くに熱心な雅子妃一派;再度蠢き始めた「ハマナス」一派。国民を抑え込んだつもりなのか。

◆いかに国民を欺くか、いかに世論を懐柔するか、には熱心な雅子妃一派。
◆神戸震災慰霊公務直前から「見解」発表後までに至る「ハマナス」一派の動きとの不可解な連動性
◆雅子妃問題になると思考停止する一部保守派も雅子妃を増長させている。
★「反日亡国両陛下」残って皇室滅ぶ、国滅ぶ、でよいのか?

本エントリは
2カ月遅れ「東宮職医師団見解」(1)代替わりまで必死の時間稼ぎ;「順調に快復」「体調に波」の矛盾
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/1450412/
から続きます。

◆雅子妃の、国民を欺こうとする意思は明白だ。

雅子妃とその一派には(それが完全に成功しているかどうかはともかく)日本国民を欺こう、騙そう、世論を懐柔しようとする意思がありありと見受けられる。
ちょうど北朝鮮やオウム真理教、山口県光市母子殺害事件の犯人少年が、必死に反省・誠意を演出し、日本の世論操作・懐柔を図っている(いた)ように。

①毎回のように静養先に現れる「市民との触れ合い」演出担当の女性(M氏)

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1257099895290.jpg

雅子妃は出迎えの群衆の1人に過ぎないこの1女性の方に迷わず向かっていった。
下記にも多数の画像・動画とともにまとめられている。

http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%be%be%cb%dc%cd%b3%b5%aa

②愛子内親王の卒園の時(日本テレビ「にこにこ・アルバム」より)
http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/nikoniko/index.html

愛子内親王の右手を自分の右手で掴むという非常識もさることながら、ドアの陰に入った瞬間その手をさっと離した。
人前だけ取り繕おうとする姿勢が垣間見える。

③新年祝賀の日の時
ティアラをつけて御所に向かいながら
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1264201021561.jpg

新年祝賀の儀には出席していない。 (皇后陛下以外の女性皇族方の筆頭には紀子妃殿下)
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1262370474361.jpg

④阪神淡路大震災の慰霊公務で涙を流したと報じられたが、

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1263776111583.jpg

あれは真の涙には見えない。慰霊の場にあるまじき異様な表情は何なのか?

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1264855146255.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1263870817665.jpg

被災者への同情を装った演出と思われても仕方あるまい。

下記に多数画像・動画が収録されている
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%a5%de%a5%b3%a5%aa%a5%bf%b2%e8%c1%fc%bd%b8%a1%ca%b2%ed%bb%d2%b4%d8%b7%b8%a1%cb%a3%b1%a3%b6

それはさておき、この件については15年前の阪神・淡路大震災を横目に中東に出かけてラクダレースに興じていたことが知れ渡り、世論の懐柔を図るために出向いたのであろう。

◆神戸震災慰霊公務直前から「見解」発表後までに至る「ハマナス」一派の動きとの不可解な連動性

さて、12月以後の動きをネット上を中心に振り返ってみたい。
昨年12月の雅子妃の46歳の誕生日の数日後、私は雅子妃はじめ東宮家の不行状をCIAに通報した。
その直後にすさまじいアクセスがあった。このエントリが2ちゃんねるに中傷とともに掲載されたしかし、それがかえって情報を広める手助けになってくれた。

そして既報通り、雅子妃とその一派は実社会では急に両陛下や秋篠宮ご一家と仲の良いふりを演じ、一方ではネット上でも「ハマナス」「ゆり」と名乗ったり、旧皇族ゆかりの久邇晃子さんを僭称して必死に自己弁護や秋篠宮攻撃を
繰り返していた。

創価工作員diary_dailyのサイト
http://diarydaily.blog93.fc2.com/
では1月10日頃に「管理人のみ閲覧可能」の設定で書き込んだが、私が追撃したところ姿を消した。
「事件簿」サイト

http://wiki.livedoor.jp/dosukono/

でも暴れていたが、私がハマナス一派を追って書き込んだら、その後ぴたりと現れなくなった。

気にかかるのは、神戸の公務以後、「ハマナス」その他のHNがネット上から姿を消したことだ。
そして、医師団見解の数日前からはこの類の工作活動はネット上でなりを潜めていた。
ところが、「東宮職医師団見解」の発表後から、また皇室全般画像掲示板
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm
の方で、秋篠宮ご一家を中傷するなどして暴れ出している。

つい先ほどだが、創価工作員diary_dailyのサイトで1カ月ぶりに久邇さんの名前を僭称した。

http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-32.html#comment168


病名について
ご無沙汰しております。東宮医師団のコメントはまだ見ておりませんが、神戸へお出ましになれたのですから、順調だと確信しております。ただ、『適応障害』とは、医学的には数カ月で治るものです。(五月病など)
ですから、わたくしとしては、違うのではと考えるのです。あたかも皇室に適応しない事を強調しているように聞こえ、お気の毒です。
寒さ厳しき折、御自愛くださいませ。
久邇晃子 URL | 2010/02/11 19:09 |

長期株式投資様
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/

でも同様で、
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2010/02/post-c57e.html#comment-42098022
>>
皆様ごきげんよう。わたくしがフランスに行っている間に言いたい放題ですこと。23日は皇太子殿下のお誕生日を心をこめてお祝いいたしたく存じます。

投稿: ハマナス | 2010年2月11日 (木) 19時31分
<<

昨日ごろから皇室全般画像掲示板様でも匿名で暴れ出している。

ネット上でも雅子妃あるいは小和田家関係者が暗躍しているのはますます間違いなくなった。
「医師団見解」で国民を抑え込んだつもりなのか。
しかし、雅子妃や小和田家の闇の部分についての情報が広まり、「何かおかしいぞ」と感じる人は確実に増えたと思われる。

投稿: ブルーフォックス@2カ月遅れ「東宮職医師団見解」(2)国民を欺くに熱心な雅子妃一派;再度蠢き始めた「ハマナス」一派。国民を抑え込んだつもりなのか。 | 2010-02-11 20:44

(続きです)
それにしても、いつもながらこの「東宮職医師団」のくどくどとした言い訳めいた文面、雅子妃自身が書いているという可能性も高いが、そうでなくても雅子妃自身の意図を強く反映したものであることは間違いあるまい。
「自分は絶対に悪くない、自分は絶対に謝らない」
「両陛下や秋篠宮ご一家には断じて頭を下げたくない」「国民は自分に従うのが当然」
という金正日・麻原彰晃・小沢一郎的な強硬な“負の信念”が感じ取れる。

投稿: ブルーフォックス@2カ月遅れの「東宮職医師団見解」に思う②両陛下や秋篠宮ご一家、国民には絶対に頭を下げないという小沢一郎型強硬な意思が感じられる | 2010-02-06 20:10

雅子妃の“病状”に関する「東宮職医師団見解」が昨日2月4日発表された。
最初は12月25日頃にと言いながら行わず、次には年明けにと言いながら行わず、2カ月も遅れてだ。
しかも今回は宮内庁Webサイトにまで全文を掲載している。

皇太子妃殿下のご病状に関する東宮職医師団の見解
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/d-kenkai-h220205.html

まず最初に思ったのは、

>東宮職医師団見解の発表が予定より大きく遅れましたことをお詫び申し上げます。

そもそも、医師団の代表者が誰なのか、人数は何人なのかさえ不明確では謝罪とは言えまいが、それはさておき;

発表の遅れよりも詫びるべき点があるだろう、ということだ。
まずこれほど長期にわたって治療を行いながらいまだ雅子妃が完治しないことに対する、医師団としての力不足を詫びるべきではないのか?
そして、その結果、皇太子の公務に同行できないこと、さらには両陛下や秋篠宮ご夫妻にまでご心配、ご迷惑、ご負担をおかけしている事態を招いていること、さらに国民にまで心配や迷惑をかけていることを詫びるべきではないだろうか?


投稿: ブルーフォックス@2カ月遅れの「東宮職医師団見解」に思う①発表の遅れよりも詫びるべき点があるだろう | 2010-02-06 20:04

坂本さま、貴重なご意見ありがとうございます。インパクトは他誌に負けていないかなと思いますが、確かに「(いろんな意味で)すごい表紙ですね」といわれることもあります。「今月もこんなに面白い記事が詰まってます!自信をもってお送りします!」とアピールするために今のようなものになっておりますが、ご意見は参考にさせて頂きます。

投稿: 編集部 梶原 | 2010-02-01 18:23

もっとメジャーになってほしい雑誌の一つが、WiLLなのですが、やはり雑誌を手に取るにあたって、最も重要なポイントは表紙です。表紙がいかに印象深い物であるかが、その雑誌の印象になってきます。表紙がオシャレで可愛ければ、女性が興味を持つでしょうし、ダンディで渋い表紙であれば男性が興味を持つでしょう。溢れる雑誌の中で、手に取って読もうと思うのは、案外そんな理由からです。昔、英字新聞がオシャレだからと、どこへ行くにも英字新聞を片手にという人もいました。インパクトがあってオシャレな表紙。例えば、「WiLL」の巨大文字のみの表紙でも良いかもしれません。何の雑誌だろうかと、目が行く。日の丸に見立てて、白地に「WiLL」は赤文字で。インパクトでいえば、黄色地に赤文字も良い。また浮世絵風の表紙も良いかもしれません。浮世絵地に「WiLL」の文字も、バランスとして面白い。表紙の印象深さ、興味を引く事によって、新たな読者を拡大させていく事も、検討してもらいたい。

投稿: 坂本 | 2010-02-01 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/47203563

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 2010年2月号は12月21日発売!! | トップページ | 講演会大盛況! »