« WiLL3月号発売中です! | トップページ | NHKへの「公開質問状」(6月号)の要点について回答を待っています »

2009-02-27

『WiLL』4月号発売中です!

瀬尾です。
26日にWiLL4月号が発売になりました。

◎田母神俊雄VS石原慎太郎 大激論
はとっても面白いです。
普通に考えれば当たり前のことですが、たとえば尖閣諸島を守るためにアメリカは自国民が核の脅威にさらされるような選択肢をとるか? そんなはずがないですよね。
そあたり、とてもリアルな議論をお二人はしてくださっています。
必読です。

総力大特集は「政権交代の悪夢」です。
◎森田実「小沢“独裁国家”は危険だ」
ここには、民主党がどうやら選挙で政権をとるためのマニフェストを示さないつもりらしいことが書かれています。衆院選挙で参院選と同じ政策しか示さないのは許されないことですよね。
果たして「国民は家族です」というような「政策」に国をまかせていいのか。国民はよーく考えないといけませんね。

他にも
◎亀井静香「腰抜けばかりの民主党に喝!」
◎屋山太郎「渡辺喜美を見殺しにするな」
◎上杉隆「『小池でチェンジ』の可能性はある」
◎蒟蒻問答「小泉が恐れているのはオリックス宮内の証人喚問だ」
と、現在を考察する論考が目白押し。

そして、もうひとつの特集は、「メディアの暴走」です。

◎朝日新聞 「かんぽの宿」は鳩山の横やりか
◎文藝春秋 福田恆存「剽窃疑惑」の怪
◎講談社 調書漏洩の責任者は誰か

ホント、最近は『週刊新潮』にしてもなんかおかしなことが続いてますね。
「かんぽの宿」譲渡がおかしいと発言した鳩山大臣を、朝日新聞が社説で批判し、「横やり」とまで糾弾したこと、そしてその「社説」を撤回も訂正も謝罪もせずに、わけのわからない「社説」を垂れ流していることは、朝日新聞信奉者にこそ知って頂きたいものです。

さて最後になりましたが、
◎西尾幹二 いまこそ「昭和史」と戦おう
は必読です。
田母神論文が出てからの歴史論争があります。田母神論文を批判する方々は、つまりは日本の歴史を「昭和史」という短い尺で区切る方々が多いですが、そう区切られてしまったのはなぜか。
日本開戦前から、欧米ではドイツを裁こうと虎視眈々と準備を進めていた、ということが関係しています。
ぜひお読みください。

|

« WiLL3月号発売中です! | トップページ | NHKへの「公開質問状」(6月号)の要点について回答を待っています »

(9.だめデスク瀬尾の全文責任執筆「裏WiLL」)休載中」カテゴリの記事

コメント

拙サイト「雅子皇太子妃・皇太子御一家の現状は"第二の女系天皇問題"」イザ!本局へのアクセス数が2010年6月18日に150万アクセスを突破しました。
2007年1月13日の開設以来、3年半を前に達成できました。

実生活多忙で最近では不定期更新になりがちにも関わらずほとんど毎日イザ!本局だけで1000件を超すアクセスをいただいております。

特に今春以来の愛子内親王不登校問題以来、平均アクセス数が増加しております。


当サイトを応援してくださる皆様に感謝申し上げます。
雅子妃問題への関心が深まっていることと、雅子妃に肩入れする反日勢力が拙サイトの情報に相当な警戒をしていることを感じております。
今後とも雅子妃そして皇太子一家の悪事を暴いていきますので、よろしくお願いいたします。

投稿: ブルーフォックス@拙サイト「雅子皇太子妃・皇太子御一家の現状は第二の女系天皇問題」イザ!本局へのアクセス数が2010年6月18日に150万アクセスを突破しました。 | 2010-06-18 21:12

K子さんのように部落出身の皇族妃もいますから。

投稿: まーや | 2010-06-17 22:41

村山談話を基本的に踏襲とか。
やっぱりね。
本性を現し始めました。
連中にとっては村山談話は聖典なんでしょうから。
(注:安倍さんのように総理大臣の職に縛り付けられて自分の主張ができなくなったのとは別です)

地元の図書館で「ゴルバチョフの嘘」という、ふた昔ぐらい前だかの本を読んだことがあります。
その中で、

「日本はソ連の「役に立つ白痴」か?」
「自由主義諸国の連中は自らの首を絞める縄を編んで持ってくる「役に立つ白痴」である」

という文面を読みました。

有権者は民主党の「役に立つ白痴」か?
衆愚有権者は自らの首を絞める縄を編んで民主党に持っていく「役に立つ白痴」なのか?

と思わざるを得ません。

日本を否定する民主党を選んだ売国有権者・衆愚どもの罪は重大です。
最早大多数の国民には主権者の資格はないといえましょう。

投稿: ブルーフォックス@本性を現し始めた反日鳩山:有権者は民主党の役に立つ白痴なのか? | 2009-09-22 22:49

韓国産業人力公団という名前の売国機関。対馬の事実上領有化と海兵隊基地
建設計画、トンネル製造計画と並んで統一(麻生)、公明、福岡部落、千葉部落や鳩山や秀直などが大喜びしそうな売国事業がまたも促進された。
この問題の背景には当然のことながら日本における民族問題、即ち日本か
在日かという闘争の一端が隠れていることはいうまでもない。この前の
千葉の腐れ部落民、森英介による国籍法の改悪によって事実上韓国人どもの
日本国籍取得はザルとなり、更には小泉チョン一浪の南朝鮮ビザ義務解除
によって、半島で職にあぶれた劣等人種や兵役忌避のために計画的に
在日化する南朝鮮系どもが後を絶たず、更には在日地盤の秀直など、移民1000万という究極の売国法案を推し進めて政治的権力の安定化を図ろうとする身の毛もよだつ悪行が繰り広げられているのだ。また、都内の麻生信者、
所謂統一教会どもは日本の公共事業の枠組みで日韓トンネル工事を推し進め、その事業を麻生セメントとその子会社、及び南朝鮮系の土建屋に丸投げし、小泉チョン一浪も背後でほくそ笑む、日本の金融資産の流出を促進
させていることも忘れてはならない事実だ。この腐れ南朝鮮系に従順たる
部落民どもは言わずもがな吸州人や兵庫、千葉、都内の大久保近辺、
五稜郭の敗残兵が残る部落函館、小樽などだが、格部落での人口単位は九州以外は
大して多くはないにせよ、売国ネットワークを形成し、現代版イワイの乱に
近い反乱活動を達成したいという意図が控えていることを忘れてはならない。だからこそ、劣等部落、秀直の移民1000万とは、外国人をただ単に1000万補充して兵士に洗脳することだけが目的なのではなく、その1000万を自分の部落の集票マシーンとして利用し、権益確保を図ることこそが目的なのだ。部落政治家の私利私欲によって犠牲になるのは全くこうした情報を知らされていない日本の納税者であり、今の日本は在日が支配する植民地に他ならないと言える。この事実を突っつかれた在日どもが美尚中を始め植民地はないなどと喚くバカどもも若干存在するが、ここまで説明すれば分かるとおり、移民1000万とは外国人参政権の事実上の成立であり、同じタイミングで
人権擁護法案も同時に成立してしまうという危険を人々は意識しなければならない。そして、韓国人にビザを義務化させることに反対する全ての部落民を強制退去、収容所で抹殺する以外にこの問題の根本的な解決策はあり得ないということを人々は知らなければならないだろう。福岡野郎が韓国産業人力公団には腹が立つなどとほざいていてもそれは建前だけの話である。
実際に福岡人は麻生を始め南朝鮮系の寄生虫どもであり、それは裏を取ればいくらでも実証できることは前述してきた通りだ。民族問題を国家問題と摩り替えさせてはならない。小林チョシノリのような福岡部落が靖国やアイヌを引っ張り出すのはもちろん日本の在日”朝鮮系”から嫌疑を陽動させるためのことであり、それは奴が古賀誠(人権、外国推進)の下僕であることからも明らかだ。部落民を排撃しなければ間違いなく部落民は日本人全てを憲兵でも戦車でも使って弾圧するようになる。少なくとも麻生のようなペテン師にまかせていても同じだ。既存の与野党は全てが失敗作であり、そのどれもが民族問題もその利権も触れてはいないのである。劣等人種どもと戦うことすら避けて友情第一などと言っておきながら背後から在日に刺されるアホまでがいる始末の今の日本においては、南朝鮮系の劣等人種と戦うという意志を強く持った集団とその指導者のみがその民族の自主独立と自由を勝ち取ることができるのだ。在日や部落と友好を築いても無意味である。福岡野郎を始め吸収人などのエッタどもを絶滅させるか、もしくは日本人が部落民どもによって絶滅させられるか、現在の状況はもうそこまできているのだ。韓国人に規制を与え、国外退去すらさせることができない政治家どもに国家を預けるということが何と危険なことか!南朝鮮に対して戦う意志を決めると売国警察が市民を豚箱に放り込むというこの在日民主主義の偽善の何とふざけた真似であることだろうか。敵が我々の屍を乗り越えるか、我々が敵の屍を乗り越えるかしかないという極限の状況を、気付いた者から順に抵抗する闘争に参加していかなければならない。部落を皆殺しにせよ、部落系軍事官僚の扇動のおかげで犠牲になった旧日本兵や死傷した市民達と同じ苦しみを彼奴等に味合わせてやるのだ。

投稿: gfd | 2009-05-06 17:36

花田編集長が週刊文春時代に故・百瀬博教氏を取り上げたことによって、
それ以降、週刊文春とバーニングプロダクションが懇意になったと言われています。
それに関して、花田編集長に名誉回復の時が来たようです。
http://blog.livedoor.jp/avex893/archives/566310.html
http://blog.livedoor.jp/avex893/archives/513127.html

投稿: 竹槍 | 2009-04-14 04:43

諸君!が休刊となる今、WILLの存在に益々の期待を寄せています!
ところでブログの中の、「メディアの暴走」について、ふと直近の事件を思い出しました。
大型掲示板「2ちゃんねる」に、朝日新聞社員が社内から、差別用語を含む誹謗中傷の書き込みをしていた事件です。
朝日新聞は常々、紙上で自ら、ネットでの匿名による誹謗・他者への攻撃を、激しく糾弾していました。
実は、批判する当人がやっていたのです。
しかしテレビでは殆ど取り上げられておらず、問題化されていません。
ぜひ、貴誌にて、朝日新聞の偽善に満ちた醜い正体を暴いて下さい。
追記
2ちゃんねるでは、朝日新聞社ドメインからのアクセスを禁止した直後、
「ウヨ(右翼)」「ニート」「アホウ太郎」などの特徴的な罵倒語が激減したと、噂されています。
残念ながら、朝日新聞との確定的な因果関係は証明されてはいませんが。
http://www.asahi.com/national/update/0331/TKY200903310332.html
http://www.j-cast.com/2009/04/03038867.html

投稿: WA | 2009-04-09 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/44191821

この記事へのトラックバック一覧です: 『WiLL』4月号発売中です!:

» ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像 [ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像]
ヌードCMで話題の戸田恵梨香に、さらに過激な映像があるという [続きを読む]

受信: 2009-02-27 20:17

« WiLL3月号発売中です! | トップページ | NHKへの「公開質問状」(6月号)の要点について回答を待っています »