« WiLL9月号は7月26日発売です! | トップページ | 【完全独占スクープ】金正日は心筋梗塞で再起不能 後継をめぐる極秘情報 »

2008-08-28

西尾先生が「朝まで生テレビ」に出演します!

瀬尾です。

ご無沙汰してすみません。
8月26日売りの10月号はすでに店頭に並んでいます。
今月号は、公明党、創価学会の政教一致問題や、小沢一郎民主党代表と京セラのドン・稲盛氏の関係など、よそさまではお目にかかれない記事が満載です。
さらに、「皇太子さまへの御忠言」シリーズが終わったにもかかわらず、また掲載されていますが、これは今までにあちらこちらで見られた反論などへのお答えになるであろう「言い残したこと」です。西尾先生が何の目的でこの記事を書いたのか、というような反論とは言えない反論も見られましたが、それについても念のため、お答えしています。

そして、とうとうこの「雅子妃問題」がテレビで取り上げられることになりました。
8月29日深夜(つまり30日)のテレビ朝日「朝まで生テレビ」のテーマが皇室問題です。
当然ながら、西尾先生にも出演要請があり、先生は出演することにいたしました。
どのような内容になるかは、生放送なのでわかりませんが、皆さま、ぜひご覧ください。ちょっと眠い時間ですけど。

私も楽しみに視聴者をやろうと思っています!

|

« WiLL9月号は7月26日発売です! | トップページ | 【完全独占スクープ】金正日は心筋梗塞で再起不能 後継をめぐる極秘情報 »

(9.だめデスク瀬尾の全文責任執筆「裏WiLL」)休載中」カテゴリの記事

コメント

小和田優美子が一般人を装って秋篠宮御一家攻撃を行う卑劣3ブログ。
いずれも自作自演(本人や小和田家族)HN多数。

3号ブログ
Mrs Oakley Fisher の台所から
皇太子様御一家応援サイト
http://mrsoakelyfisheer.blog.shinobi.jp/

ほぼ平日毎日更新

2号ブログ
http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-256.html

ほぼ週一更新だが二日連続のときも。

1号ブログ(ここは目下休止中)
http://blog.livedoor.jp/daily_diary/archives/cat_50030003.html

悠仁親王殿下御誕生の16日後からスタート。
当初は皇室の話題には全く触れていなかったが年末から雅子擁護工作開始。
ブルーフォックス氏にボコられて、開始時期を隠すため皇室と無関係な記事を全部削除した。

投稿: 小和田優美子が一般人を装って秋篠宮御一家攻撃を行う卑劣3ブログ。 いずれも自作自演(本人や小和田家族)HN多数。 3号ブログ Mrs Oakley Fisher の台所から 皇太子様御一家応援サイト | 2011-11-14 21:58

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2008/03/post_c3b6.html#comment-40859051

>雅子さまは御立派な皇后になられます。

>投稿: ハマナス | 2009年12月24日 (木) 19時05分

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2008/08/post_7d6e.html

>雅子さまへの侮辱はゆるしません。次期『皇后陛下』ですよ。貧乏人のひがみじゃないの?

>投稿: 久邇晃子 | 2009年9月 8日 (火) 10時44分

http://wiki.livedoor.jp/dosukono/comment/templates#comment


日本のエリートの代表を京大と言うのがそもそも間違いです。残念ながら身内に卒業生もいますが(哲学科卒)普通のおじさんです(笑)。
医学部が最もいけませんねぇ(>_<)10人一緒にお茶飲んで薬物中毒になったでしょ(内部犯行)。あとドイツ文学の教授も納得出来ないレクチャーしてましたね。
さて、雅子さまですが、随分お元気になられた御様子。非難する人達を一掃すればたちまち御快癒!雅子さまの揚げ足を取るのはおやめ下さい。
ごきげんよう

Posted by ハマナス 2009年12月23日(水) 14:43:22

http://wiki.livedoor.jp/dosukono/comment/%a4%ad%a4%e8%a4%d3%a4%f3#comment


のり子の白塗り顔ってチョー怖い)゚0゚(ヒィィ
だれか この世から消して~~

Posted by ゆり 2009年12月24日(木) 17:02:46


義妹殿下を侮辱するとは皇族失格どころか人間失格ではないのか!

投稿: ブルーフォックス@あちこちのサイトで秋篠宮ご一家を侮辱し雅子非を擁護しているのはもしや雅子妃本人か?(悪)知恵の無さ、理解力の無さ、どんどんそう思えてきました。事件簿サイトでも暴れています。義妹殿下を | 2009-12-24 21:27

すでに再三述べているが、雅子妃一家の問題点については大きく以下の4つに集約されよう。
ちなみにこういった問題は両陛下や秋篠宮ご一家にはないことだ。

1.雅子妃と反日との数々の接点
 売国外務官僚の父・小和田恒「A級戦犯」を断罪、「日本ハンディキャップ論」
 本人も外務省出身
 身元調査をしようとしたとき部落開放同盟から抗議を受けた。
 反日思想の拠点・国連大学に足繁く通っている。
 創価学会(皇太子も関与)

 愛読書は大江健三郎との情報も。

2.女性として社会人として恥ずかしい言動の数々。
下記参照

皇室全般画像掲示板
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

3.入内の不審な経緯
★初対面の場・エレナ王女歓迎の茶会の出席者名簿に手書きで「小和田雅子」…こんなことが許されるのか?
★昭和末期から行われていた,国民への売り込み.
★今上両陛下や護衛官の目を盗んでの“再会”.
★女性・女系天皇計画との連動.
★「自信」「決意」宣伝…代替わりまでの執拗な時間稼ぎ工作.
★愛子天皇への道をつなぎとめておこうとの工作.
★徳仁天皇が小和田に操られる危険.

詳しくは下記を

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2008/01/post_a544.html#comment-33550853

4.愛子内親王殿下へのしつけがまったくなっておらず、国民への悪い手本になっている。

反日まみれであることひとつとっても到底看過できる問題ではない。

気にかかるのは、この

「何故、雅子妃らが批判されるのか」

というポイントを突かれる=すなわち、話の流れが雅子妃の非に向かおうとすると、話を潰そうとしたり、話の流れをずらし、雅子妃の非から遠ざけようと誘導しにかかったりしてくる。

何か、

「雅子妃の非を暴かれては都合の悪いこと」
「雅子妃を悪者にされては都合の悪いこと」

があるのかと思わざるを得ない。

皇室全般画像掲示板

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

様や下記の「長期株式投資」

http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/cat6182424/index.html

様にも執拗に現れている。

このサイト様でもこういった雅子妃批判のポイントについて糾そうとすると、正面から反論しないで必死に誹謗中傷や足掻きばかりしてくる人物がいる。

「承子」と名乗っている人物がそうだ。

雅子妃本人か、小和田家の人物か?

もしそうであれば答えられるはずもあるまいな。

投稿: ブルーフォックス@雅子妃の非、4つの要点;話の流れが雅子妃の非に向かおうとすると、話を潰そうとしたり、話の流れをずらし、雅子妃の非から遠ざけようと誘導しにかかったり。 | 2009-12-23 20:05

天皇陛下76歳のお誕生日を謹んでお祝い申し上げます。

鳩山由紀夫や小沢一郎、福島瑞穂らの牛耳る反日民主党・社民党政権と、皇室の小沢一郎こと雅子皇太子妃、皇室の鳩山由紀夫とも言うべき徳仁皇太子の牛耳る、皇室の民主党とも言うべき反日皇太子一家・一派の不行状にさぞお気の休まらぬこととご案じ申し上げております。

平成の御世が一日も長く続きますよう、幾久しく皇室をお守りくださいますよう、また、できますことなら徳仁皇太子廃嫡、雅子皇太子妃追放のご聖断を下し賜りますよう御願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------

皇室全般画像掲示板 様

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm


--------------------------------------------------------------------------------

関連エントリ(イザ!本局)はこちらです。

天皇皇后両陛下・秋篠宮文仁親王御一家

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/folder/27306/

本サイトの全エントリ(イザ!本局)はこちらです。

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

投稿: ブルーフォックス@天皇陛下76歳のお誕生日を謹んでお祝い申し上げます;徳仁皇太子廃嫡・雅子皇太子妃追放のご聖断を! | 2009-12-23 18:53

あなたたち一体何を言っているのですか?
皇太子妃のお立場にある方が「批判される」などという状況自体、おかしいでしょう。きちがいは通報しますよ。

投稿: 承子 | 2009-12-22 11:27

下記のサイトの管理人は場所を

http://blog.livedoor.jp/daily_diary/

から

http://diarydaily.blog93.fc2.com/

に移してからも「何故、雅子妃が批判されるのか」について、衣装が被ったことばかりを取り上げて、さも東宮批判が不当なもの、くだらないものだという印象操作にきゅうきゅうとしている。
そして、雅子妃の反日性をはじめとする数々の疑問点について質問を投げかけても、全く答えようとしないで無視し続けている。

投稿: ブルーフォックス@http://blog.livedoor.jp/daily_diary/改めhttp://diarydaily.blog93.fc2.com/という創価サイトについて | 2009-11-17 20:41

天皇陛下ご即位20年を謹んでお祝い申し上げます。

それにしても最近ネット上では、両陛下や秋篠宮ご一家を中傷する書き込みが後を絶ちません。

皇室全般画像掲示板
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

長期株式投資
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2009/11/post-ea7c.html

特に後者のサイトでは、東宮擁護の人格はなぜか1人に限られています。
HNを変えても発言内容がワンパターンで、いなくなるときは一斉に居なくなるからです。
もしかして雅子妃いや小和田雅子かその身内本人が書き込んでいるのでは?とさえ疑われています。

皆様も観察してみてください。

投稿: ブルーフォックス@天皇陛下ご即位20年を謹んでお祝い申し上げます。それを汚す東宮・小和田一派は許せません! | 2009-11-12 06:57

瀬尾です。
みなさま、ご無沙汰し、またレスがなくてすみません。取り急ぎ、RIRIさんから書き込みを頂いたので、御返事を。

>RIRIさま、
海外紙にコメントが載ってしまい、
お恥ずかしいかぎりであります。
あの新聞は、いきなり電話でいろいろ聞いてきて、途中からおかしいと思い「記事にするのか」と聞くと、するとおっしゃるので、「では公式なWiLLからのコメントは編集長の花田がしますので」ということで、わざわざ編集長が電話したんですね。
それで、夜遅くにまた会社に電話がかかってきたらしく、「瀬尾さんのコメントを花田編集長のコメントとして使用してよいか」と他部署の者に聞いたらしく、他部署の者ではわからないので、瀬尾のほうから電話をさせますということで電話を切ったんですね。
そしてすぐに携帯電話にお電話したら、出ない。仕方がないので留守電に、「花田のコメントは花田の発言の範囲で使ってください」と残したのですが、翌日に蓋を開けてみたらあのような記事に。まったくヒドイ話です。
西尾先生はそれこそ一冊になるくらいの時間をかけて、この問題を書いていらしたのに、あの新聞はものすごく短絡的に扱っており、その点が私はひどく心配です。
はー、一流紙が聞いて呆れる話ですよ。
とここでRIRIさんに愚痴っても仕方がないですが、約束が守れない取材には腹が立ちます。

ということで、せっかく喜んでくださったのに、こんなウラがありました。
が、秋の味覚で心を落ち着けます(笑)。
いつも応援、ありがとうございます!

投稿: 瀬尾 | 2008-10-28 19:37

TimesにTomoko Seoの名が…、妹の名が載った程嬉しいです。猛暑の中、具合が悪くても真摯に対応して下さいましたもの、本当に。
勿論、西尾先生の論文の内容に触れていることも感無量です。

西尾先生、花田さん、瀬尾さん、編集部の皆様のご健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。

瀬尾さん、秋の味覚で癒されて下さいね!

投稿: RIRI | 2008-10-25 15:36

皇室の問題以前に、日本の嘘、偽りの歴史を気付いてほしいもの。藤原や柑武、近衛や細川。昭和天皇に圧力を掛けていたように、彼等は百済韓国人。奪って皇族の血を引いた。でたらめな中国よりもっと卑劣なのは韓国人。誰も気付かないなんて。

投稿: ペこちゃん | 2008-09-21 19:25

あの宮台とかいう四流大学の准教授はキチガイですか
不良少女たちを更生させるどころか、彼女たちを性の道具にして異常性欲を満たして、宮台はホンモノのキチガイでしょう
男娼の宮台の亡くなった母親は売春婦ですか
どういう家庭に生まれ育ったのか
無責任に売春肯定発言してきた癖に、宮台は抜け駆けして数年前に再婚したそうです
他人様の娘たちの心身に汚点を残した宮台が人並みの幸せを味わっている?
言行不一致のキチガイ宮台は国外追放されろ!

投稿: 平和主義者 | 2008-09-19 00:35

「秋篠宮に譲位を・・・」の意見がちらほらでてきています。

私も概ね賛成です。
だけど、今の生ぬるい状況下で行われたら、雅子さんサイドから「簒奪」と言われるのではないか心配です。
雅子さんサイドが、雅子さんまた愛子さんの経歴・人物像さらには言動を報道する際の誠実さに欠けるやり方見てたら、不安になります。
良心や羞恥心に欠け、享楽的で因果応報という言葉を知らないのでしょうね。だから、何をするか判らない怖さがあるように思えます。


禍根を残さず、秋篠宮の譲位していただく為には、今の皇太子夫妻及び愛子さんの振る舞いががいかに皇室に相応しく無いか明記する必要性があると、私は思います。


西尾先生は皇太子に希望をもたれている?ようですが、離婚・単独公務・譲位いずれの道に進むとしても、雅子さんがこのままの状態で皇室に居座り続けるのは良くないです。

雅子さんサイドより「キャリア否定」発言がありましたが、そのキャリアとは何か追求しなければ、彼らに逃げ道を与える形になるのではないか、そうするとまた捏造・こじつけ報道や発言をして皇室に居座り続けるでしょう。

本当にどうしようもない程、愚かで恥ずかしい人達ですね。愛子さんがキャリア皇族・・・親として正しい道を歩んで欲しいです。


投稿: 30代 | 2008-09-14 21:59

やはりまだまだ雅子妃の不行状に対する世論の認識は,拉致問題でいうなら「2002・9・17」には達していない「拉致疑惑」の段階なのでしょう.
せめて保守系の言論人だけでもしっかりしてくれれば何とかなるのですが,正直言って産経新聞&正論・文芸春秋・クライン孝子氏・石原慎太郎氏のような名だたる保守系言論人までが、「雅子さま」「皇太子さま」になるとおかしくなってしまうくらいですから.
結局は金正日自身が拉致を認めたときのように,東宮家自身が非を認めない限り「疑惑」のレベルを超えることはできないのでしょうか?
西尾先生やWILL様にとってさえもまだまだ切り出せないのかもしれません.

投稿: ブルーフォックス@やはりまだまだ「9・17」にはなっていないのか | 2008-09-12 21:57

なぜ9月号で皇太子妃行動表を発表しなかったのですか。
はっきりと皇太子妃としてふさわしくない行動がはっきりしたと思うのに残念です。
西尾さんはまだ改善に希望をつなげているのでしょうか。
しかし改善とは何でしょう。
たくさんの人が書いているように、公務も祭祀も皇太子妃や皇后として満足にできる日があるのでしょうか。
報道から透けて見える雅子さんは「自分(小和田雅子)と愛子さん以外はどうでもいい」という考えです。
その考えを尊重してぜひ皇族から離れていただきたいと思います。

投稿: うさ | 2008-09-12 16:07

よく言われるのが

雅子妃を批判する人=雅子妃は仮病だと思い込んでいる。

雅子妃を擁護する人=雅子妃は病気だと信じている。

しかし、これは少々違うと思います。

雅子妃を擁護する人=「雅子妃には非はない、問題はない」と決めてかかっている。
<ただし、雅子妃の不行状を政治的に利用しようとする者は非や問題を必死にもみ消そうとする。>

雅子妃を批判する人=「雅子妃に非がある、問題がある」可能性を考えている

だと思います。
これでは議論がかみ合わないのは当たり前。

「9条」にしがみつく連中に国防を説くようなものです。

どうやったら議論がかみ合うのかをWILL誌や愛読の皆様にも考えていただけるとよいな、と思います。

投稿: ブルーフォックス@雅子妃を擁護する人=「雅子妃には非はない、問題はない」と決めてかかっている。 | 2008-09-11 00:51

お前達「Will」の編集者や西尾氏の意見では鬱病や適応障害はわがまま病で昔ならばダメ人間扱いされて当然とか一般論とかで、例外はあるにしろ、医者からも、そう言われると今日、電話で言っていたね。お前達のような鬱病や適応障害を「自分の権利を振りかざすわがまま病」という分からず屋が多いから、過労による鬱病が増え、自殺者が増えるのだ。お前達は反日左翼と同じ国賊だ。もし医者が、そんな「一般論」を患者に伝えたら、自殺者を増やすだけだ。お前達国賊は「金曜日」と一緒に我が国を亡国に導く元凶だ。結局金儲けの為と国士気取りでいたいんだろう。反日左翼が正義の味方面するのと同じで。
ついでだが、小和田家の姻戚には西尾氏の同僚だった江口朴郎東大名誉教授という立派な左翼学者がいるのに、なぜお前達は触れないの?

投稿: 鬱病患者。 | 2008-09-10 20:27

私のような日本語が不自由な者が度々投稿しまして申し訳ありません。

しかし…、ここ最近のテレビ番組で皇室を扱う際、以前とは違い「皇位継承第三位の悠仁様」とはっきり紹介している事に驚くと共に、少し安堵しております。(まだまだ油断は禁物ですか?)
しかも、「皇室典範が変わらず、このままで行けば」なんて、お決まりの枕詞も無しです!
これは、西尾先生、WILLさんのお力の賜物だと痛感しております。私が申し上げるのも変ですが、本当に、心から「ありがとうございました。」

この投稿欄では、賛否両論を分け隔てなく、時には動悸が止まらない程の議論が繰り広げられましたが、その全てが少しずつ実を結び始めていると信じたいです。
某新聞社のコメント欄はかなり操作されていますね。詳しくは申し上げられませんが、実感しております。メディアの方向性が良く分かりました。

それらの事からも、本当に世の中を動かすには、相当の覚悟、勇気、善に向かう心の姿勢が必要なだと学びました。

長文でお目を汚し申し訳ありません。
感謝のうちに…

投稿: RIRI | 2008-09-10 13:14

西尾先生が私のサイトの

「ご病気であることを考慮し差し引いても説明のつかないこと,許されないこと」

をテレビで出していただいたことを

http://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/9b1888970f603d4b9ed461b72c717b8c

で知りまして深く感謝申し上げております.

さらに,香山リカが反日であり,「雅子妃の暴走を温存しようとする工作員」(下記参照)であることがはっきりしました.

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/392023/

そして,何でもクライン孝子氏が番組に逆切れしたそうで,

http://mojimojisk.cocolog-nifty.com/miz/2008/09/post_9efd.html

そしてさらに,他の問題では論理的・理性的な保守系論客が,「雅子さま」になると話が変わり,教条主義・思考停止に陥ってしまうということを改めて思い知らされました.(下記参照)

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/211117/

投稿: ブルーフォックス@西尾先生への御礼とテレビ朝日の悪意への懸念 | 2008-09-05 06:51

那須ご静養に今回も妹の池田礼子さん一家を同行されたそうですね。つまり警察は皇族でもなんでもない民間人をも警護したわけですよね。小和田家はどうしてこうも自覚がないのでしょう。ご静養は旅行とは違います。ましてや東宮家ともなれば他の皇族と違って警備、準備、お迎え等どれほどの費用、人手がかかっているか想像に難くありません。結果的に池田家の分まで税金が投入されたと言う事実をもっと広く問題にするべきだと思います。

投稿: 神子 | 2008-09-04 22:36

 西尾先生「朝まで生テレビ」お疲れ様でした。そして有難うございました。高橋さん、高森さん、平田さん以外は生半可な知識と浅はかな言論に嫌気がさしました。そんな中先生の真摯な発言が輝いていました。本心から皇室のあり方、国民としての思いを述べられていたと伝わって参りました。それに比べ時々聞こえてきた、香山、小沢両女史の馬鹿にしたようなせせら笑いは聞くに堪えませんでした。あの方たちは日ごろから斜に構えて面白がっているのでしょう。猪瀬、田原両氏は論外、馬鹿じゃないかと失礼ながら思ってしまいました。
 ただ知らない人が聞くと、言い方によっては悪口に聞こえてしまう恐ろしさを覚えたのも事実です。スキャンダルとして一人歩きしないように、言論の根拠を西尾先生のように丁寧に伝えることが大切だと思います。私は女性誌は読みませんが、もれ伝わる捏造に近い記事は一体何なのでしょうか?それこそあからさまに反論できない、陛下や秋篠宮殿下がお気の毒で仕方ありません。御心をこめられたご公務を拝見するにつけ、残念でなりません。
 世の中全体がタガの緩んだようになってから久しいですが(私はオーム事件ぐらいから感じてます)東宮問題はそれに拍車をかけている気がしてなりません。怖いです。この先週刊誌レベルで(信頼できる)この問題がまじめに取り上げられることを願って止みません。
 
 ところで単行本読ませていただきました。大変説得力のある著述でした。皇后陛下のお言葉に不覚にも落涙してしまいました。沢山のかたに読まれるよう願ってやみません。

 9月号には手紙を掲載していただいてありがとうございました。自分の考えを活字にするにはやはり勇気のいることですね。恥かしいので、ごく親しい人にしか言っていません。

 これからも貴誌の勇気ある企画に期待しています。長々とすみません。
 遅くなりましたが、50代女性です。

投稿: 恵 | 2008-09-02 15:32

>みなさま

亀レスですみません。
「朝まで生テレビ」への西尾先生ご出演をご覧頂き、ありがとうございます。
また、西尾先生への励まし、応援、編集部への励まし、ありがとうございます。西尾先生もこちらはご覧になっております!

なにはともあれ、テレビでこの問題を取り上げることになったというのは、なかなか凄いことだと思います。出演者の方には、失言があってはいけないと思われたのか、あまりまともなご発言がない方もいらっしゃいましたが。

テレビは瞬間のコメントが勝負、というのは否めないので、やはりまだよくこの問題がわからない方々には、西尾先生の本を読んで頂きたいですね。

ぜひよろしくお願いいたします。

投稿: 瀬尾 | 2008-09-02 12:43

西尾先生、「朝まで生テレビ」出演、お疲れ様でした。そして我々、皇室を心から敬愛する無名の国民の意思を勇気を持って代弁してくださって本当に有難うございました。

まあ、予想はついていましたが、高橋氏、平田氏を除くパネリストの皇室問題への無知や特に司会の田原氏の大トボケ振りには悪意すら感じましたが、ゲストから話を引き出す彼の常套手段です。


 先生の発言はどれも国家の行く末を見据えた非常に壮大、的確で説得力あるものなのに、無知な司会者、飄々とした無関心なパネリストたちを相手だと「ぬかに釘」状態で勿体無かったです。
表現がダイナミックすぎて、頭の固い知識人に誤解や警戒心をもたれるのかもしれません。
もし次回があるなら、司会者の変更と櫻井よし子氏、八幡和郎氏あたりに是非ご出演して頂いて、さらに議論を有意義なものにしていただけたらなと思っています。

不屈のWill Power、これからも応援しています。
西尾先生、編集部の皆様、くれぐれもお身体を大切に。。。


投稿: ひろこ40代 | 2008-09-01 21:29

私の地域は「朝まで生テレビ」が放映されないので見られませんが,ここや他所での皆様のお話から西尾先生が孤軍奮闘され快刀乱麻のご活躍であられたことをお察しいたしました.西尾先生まことにお疲れ様でした.

雅子妃の問題はまだ拉致問題でいうなら2002/9/17以前の拉致疑惑といわれていたレベルであり,これを世に知らしめ,少しでも9/17に近づける意味ではよかったと存じます.

ただその一方で,これがテレビ朝日の番組であるということが引っかかります.

テレビ朝日といえば反日の権化,そして悠仁親王殿下ご降誕の日の不敬報道↓

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/26747c586c6e4a0f82a5f69570b660dd

それから,最近週刊現代や週刊朝日のような反日系がしきりと東宮批判を繰り返しているのもあって,連中の意図が気になるところです.

雅子妃批判を皇室批判に転化しようとしていないか?

保守の中にも依然として,(ほかの問題だと頼もしいのに)雅子妃らに対してだけは脳内お花畑の御仁が少なくないのにつけこみ,保守派の分断を狙っていないか?

そういう懸念をしております.

もちろん,西尾先生にはそんなテレビ朝日の意図に利用されることなどまったくありえないわけで,逆に敵地に斬り込まれ,連中の野望を粉砕していただいたものと存じ,今後も同様に斬り込んでいただきたいと存じております.
西尾先生,まことにお疲れ様でございました.

★追伸
同番組放送の影響か,説サイトの昨日のアクセス数が4500を超え,今日も3000に迫りそうです.

投稿: ブルーフォックス@西尾先生への御礼とテレビ朝日の悪意への懸念 | 2008-08-31 21:25

西尾先生、お疲れ様です。私は録画して見ていたのですが、とにかく田原氏と矢崎氏の故意に議論を壊すような話題提供には本当に呆れてしまいました。
よく耐えられたと思います。
私なら怒鳴っていたかもしれません。

今回のご出演の意義は、とにかく公共電波に乗って雅子妃の問題が提供されたことだと思います。最後に小和田家の圧力についてもおっしゃっていましたが、そういう事が電波に乗るなどという事は1年前には、いえ、半年前にも考えられなかった事ですので、そういう意味ではとても意義深かったと思います。

これを機会に何か大きな動きがあればいいですね。WILL様も頑張って下さい。応援しています。

投稿: ふぶき | 2008-08-31 10:51

西尾先生、本当にお疲れ様でした。
トナカイさん同様、私も最新刊と朝生を拝見いたしました。

47歳、戦後生まれの私が、先生の論文やテレビでのご発言に自然に納得できるのは、私の実家が神道のためであって、その点は少々割り引いて他の人の考えを聞かなくてはならないと思っていましたが、左翼系の方々のお考えを聞いて、あまりの乖離ぶりに、神道以外の一般は実はこういう考えなのか、それともこの方々が特殊なのか、一瞬激しく混乱してしまいました。
私より若い世代の方ならともかく、戦前戦中を生きて来られた方々が、天皇の祈りは自分の先祖を拝んでいるだけであって、国民には何の関係もない、とか、(イザナギイザナミ以来の日本国の霊的祖とされる)天照大御神など自分には何の関係もない、うちは浄土真宗だ、などと平然と放言されるのにはめまいがしました。
また、皇太子を五輪誘致に「役立たせて」何が悪いという猪瀬氏の考えにも大変違和感を覚えました。
天皇の海外でのご公務は、日本の国柄、国の本質的姿というべきものを外国の方々に広く知ってもらうというものであって、そこに実利的目的を付随させるなど、ありうべからざることだと思います。
五輪誘致などという、成否の結果があるものに天皇家を持ち出して、もし事が成らなかった場合、天皇家の威光、ステイタスが著しく軽んじられ、傷つけられることになるということです。
そのような事柄に、皇太子を担ぎ出そうとは、猪瀬氏はもちろん、言い出した(日頃超保守を気取っている)都知事が天皇に対してどのような考えを持っておられるのか、疑わざるを得ません。
また、そういう海外公務についての皇太子による、皇太子妃の治療に役立つか否かというような公私混同のご発言に対して、雅子様の病状を完璧に理解しておられる素晴らしいご発言だという、その的外れぶりにも溜息が出てしまいました。
そもそもあの論者の方々には、皇室問題を論じる前提が欠落しているように思います。
皇太子ご一家の姿は、今の日本の世の姿のようで、何やら霧のようにぼんやりとした恐怖を感じます。
私たちの仰ぐべき姿、アイデンティティの支柱、背景が崩壊する時、それは国が亡びる時だと思います。
世の流れに流されて、やんちゃが過ぎる世の中になっても、ふと仰いだ時、天皇が超然と変わらぬ姿で存在しておられること、そのことによって日本という国は、最後の羽目を外すことなく、またあるべき姿へと収斂されていく、それが天皇よる国の守りだと思います。
西尾先生にはこれからもぜひ粘り強くご発言を続けていただけますように。
応援しています。

投稿: Kei | 2008-08-30 23:35

西尾先生お疲れ様です。朝生と最新著書拝見致しました。
先生の勇気あるご発言にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

私が皇太子の発言に疑念を持つようになったのは、雅子の祖父の江頭豊の葬儀に皇太子が出席したことでした。それまで私は皇室に全く興味がない人間で、何を女系だ男系だと騒いでいるのだろう?ぐらいの認識でした。しかし、その葬儀出席の様子をテレビで見て度肝を抜かれる思いでした。「こんなことってあるのかしら?」急いでネット等で調べたところ、基本的にこのような特殊な立場の方が葬儀にひょいひょいと出席することはないとのことで心底驚きました。雅子が好き放題にしていることは薄々気付いておりましたが、一線を超えてここまでのことを殿下にやらせるのかと本当に驚きました。

江頭豊は日本最大の公害病”水俣病”の後始末要員としてIBJから派遣された人間です。
しかし、やったことは遺族や患者・その家族に更なる鞭を打つこと、関係者の口封じ、被害を拡大・深刻化させたに過ぎません。

このように罪もない国民を苦しめた張本人の葬儀に頭を垂れにいくとはプライドの欠片もないただの言いなりなんだなと呆れました。

私は殿下より二回り以上年下ですが、それ以降の彼の行動には毎回失望しています。ブラジル発言もそのひとつですが、本当に未成熟な人間なんだなと思います。

皇太子の数々の?マークのつく行動のおかげで私は自分の中の愛国心や、皇室への親しみみたいなものに気付きましたが本当に西尾先生と花田さんの勇気がなかったら日本はどうなっていたことでしょうか。

天皇家の不埒な外戚がウブな殿下を操り、執権政治のようなことが行われていたことでしょう。

それは、数少ない人間による「利権」の独占と、世界一長く続く王朝の「終り」となったことと思います。

殿下をからめとって操る蜘蛛の巣の主である大蜘蛛の唯一の誤算は、急速に高度な情報化社会発達したことだと思います。

そして、西尾先生と花田さんのように勇気あるまこと日本人の心意気を持つ高潔な魂がこの世に生まれていたこと。

社会へ塵ひとつほどの影響力も持たぬただの主婦ですがお二人とWILLをずっと応援しております。

本当にありがとうございました。

投稿: トナカイ (29歳) | 2008-08-30 22:47

朝まで…、触りだけのつもりが最後までしっかり見てしまいました。
西尾先生の何とかしなければというお気持ちがヒシヒシと伝わりました。
お疲れ様、そして有難う御座いましたとお伝えしたいです。
番組中、どなたも雅子妃殿下とは呼ばれていなかったような気がしました。
雅子さんに同情的な方達にさえさん付けでしか呼べないという事は、敬称にに値しないと本音で思っているのでは?と感じました。

もしも次回があれば、まだ雅子さん優秀説を信じている方の為に、
・公務に行かない同日にも私的お楽しみにはいける事
・責任ある仕事は到底任せられないドタキャンぶり
・国連大学の中身 等
病気を理由にしても許されない具体例を示してほしいですね。

これはWillさんに対する要望でもあります。時系列で不可解な行状を出して欲しいのですが、皇室無用論者に利用されないか?皇室の威信が崩れないか?と思うと難しいでしょうね。

投稿: 加奈子 | 2008-08-30 18:48

西尾先生「朝まで生TV」出演お疲れ様でした
予想通り左派の田原氏初め擁護一辺倒の精神科医 伝統には頓着しない猪瀬氏 週間金曜の関係者らに囲まれ孤軍奮闘で大変でしたね
最後の発言本当にそうであってほしいと願わずにはいられませんでした
単行本化された「皇太子様へのご忠言」是非読ませて 頂きます
今後も西尾先生 花田さん 瀬尾さんのご活躍をお祈りします

投稿: M子 | 2008-08-30 14:31

西尾先生、「朝まで生テレビ」ご出演お疲れさまでした。終盤「雅子様の病気はもう治っている。私の文章は小和田家からの圧迫を受けている皇太子様の助けになっている」
と発言されたとき、西尾先生の眼鏡がフーっと曇ったその様子を見て、涙が出ました。本当にお疲れさま、そして、ありがとうございます。

ただ、他の論客の方と西尾先生との間に、皇太子夫妻に関する基本的な情報量の差がありすぎて、観ていて少々歯がゆい思いをしました。皆さん「優秀なキャリアウーマンの雅子さんが旧弊な皇室に閉じ込められて苦しんでいる」という物語を信じ、それを前提にお話が進んでいましたよね。そういった方たちを相手にする西尾先生は、観ている私たち以上に歯がゆい思いをされていたこととお察しします。

次にこういった討論の機会があるなら
1)雅子さんは帰国子女ではない
2)外交官ではなく外務省職員
3)優秀なキャリアウーマンであったかどうかは疑問符

という説明に、もっともっと時間をかけてもいいのではと思いました。生意気なこと書いてすみません。
本日これから、西尾先生の新刊を買い求めに出かけようと思います。
不安定な天候が続いております。西尾先生、編集部の皆様、どうぞご自愛ください。

投稿: まり | 2008-08-30 09:11

西尾先生 お疲れ様でございました。そして心から、ありがとうございました。静かにに語られる言葉にこそ力があるのですね。東京方面に向かって思わず手を合わせてしまいました。(不適切な表現でしたらお許し下さい)
先生のご健康をお祈りいたします。

瀬尾様
来週あたりから又暑さが厳しくなりそうですね。お身体おいとい下さい。

投稿: RIRI | 2008-08-30 04:52

瀬尾さま早速お返事ありがとうございました。
書き込んだときには確かに「取扱なし」だったのですが
今見てみたら「在庫あり」になっていました。
すみません(^▽^;)
注文しました〜。

投稿: don | 2008-08-29 13:27

>M子さん、
こんにちは!
お気楽な発言をしそうな出演者もいるので、どういう議論になるか楽しみですね。
テレビというのは、本質的な議論をしにくいと言いますか、なかなか真意が伝わりにくいので、西尾先生のご発言が視聴者に伝わるかが心配です。でも楽しみです。

>ぺー助さん、
こんにちは!
見逃せない感じですよね。
ぺー助さんご指摘の私のおかしい文章、その撮り、おかしいと思います(笑
いろんなニュアンスを含んでいたために、わけのわからない文章になりました。すみません。

>m3さん、
こんにちは!
孤立無援は避けたいところですね(苦笑
まあしかし、こういう問題をテレビで扱うということ自体が、感慨深い気もしますので、なんとかがんばって頂きましょう。
楽しみです。

>donさん、
こんにちは!
西尾先生の新刊「皇太子さまへの御忠言」は、一応、本日発売です。が、流通などの関係で、大手書店で明日発売と思って頂ければ間違いありません。ネット書店で買えないですか・・。調べてみますね。
問い合わせ、ありがとうございます!

投稿: 瀬尾 | 2008-08-29 13:00

瀬尾さまこんにちは。
今夜の朝生は録画しつつ視聴します。
西尾先生応援しています!

ところで西尾先生の単行本「皇太子さまへの御忠言」の発売日は今日ですか?
某ネットショップを見てみたら取扱が無いようなので…。
書店にはもう出ていますでしょうか。

投稿: don | 2008-08-29 11:28

西尾先生、応援してます!!

しかし、他のパネリストを見ると(司会者も含め)、西尾先生が孤立無援とならないか心配です。頑張ってください。

投稿: m3 | 2008-08-29 05:23

朝生、今週は何があっても絶対見ようと思います。

すみません、一点気になったのですが。

>当然ながら、西尾先生にも出演要請があり、
>先生は出演することにいたしました。

いたしましたは謙譲語ですから、瀬尾様が「先生は」という主語で「いたしました」を用いるのはおかしいと思うのですが・・・。「先生」を読者に対して「へりくだらせている」ことになりませんか?


投稿: ペー助 | 2008-08-28 21:51

西尾先生「朝まで」に出演とのこと楽しみにしています この雅子妃問題に関しては心のなかでおかしいと感じながら言いたいことが言えない雰囲気がありました 私の周りにも未だに「雅子様お可哀想賢すぎた どこでもお嫁に行けるのに」とか「篤姫」を見て「雅子さんの気持ちがわかります」などとノーテンキなことを言う人達がいます女性週刊誌の力は大したものです
西尾先生は初めて国民のナマの声を代表して下さった方です
この間「たかじん」に所某という頭の禿げたおじさんが出て宮中祭祀は天皇陛下だけが行なえばよいと馬鹿げたことを言っていましたが雅子さんが出来ないなら公務も祭祀も止めてしまおうと言う輩がいます とんでもないことです
子供が宿題嫌がるからこれからは宿題止めてしまおうというのでしょうか?
たかじんが(雅子さんは皇室に)「合わない」と言っていましたが本当にそのとおりです
雅子さんが本当に賢い人ならたった一人の子供も満足に育てられないことをどう言い訳するのでしょうか?
6歳にもなって体は大きいけどいつも親に手をがっしり繋がれ脚をクネクネさせお辞儀ひとつできないのは皇太子と雅子さんの育て方にも大きな原因があるのではないでしょうか?
ここまで口に出しては言いにくいけど心ある民は皇太子一家をそのように見ています
西尾先生周りを雅子さん擁護女帝推進派にかこまれてもWILLな書かれたとおりに発言して下さい 応援しています

投稿: M子 | 2008-08-28 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/42300762

この記事へのトラックバック一覧です: 西尾先生が「朝まで生テレビ」に出演します!:

» 朝まで生テレビ1 [ふぶきの部屋]
もう、一日中変わり易い天気にうんざりです。 さっきまで天気がよかったと思えば突然雷とか・・・ さて。 夕べはテレビ朝日で「朝まで生テレビ」をやっておりました。 テーマは「激論 これからの皇室とニッポン」 出演者は 西尾幹二 猪瀬直樹 高橋紘 上杉隆 森暢平 平田文昭  小沢遼子 香山リカ  斉藤環  矢崎泰久 高森明勅 でした。 一言で言うと・・・・ 西尾先生、孤軍奮闘してて気の毒でした。 ラストではあまりにもバカな理論... [続きを読む]

受信: 2008-08-30 22:19

» 「雅子さま」ご一家の不行状を擁護し続ける御仁らこそ「9条」にしがみつく連中と同質だ [雅子皇太子妃・皇太子御一家の現状は"第二の女系天皇問題"]
★「雅子さま」になると話が変わり,教条主義・思考停止.「雅子さま」が何故批判されるのかを考えようとすらしない. ★「小和田雅子」時代から徹底して行われた国民への刷り込みが思考停止・教条主義や甘ったれた感情的同情論を招いた. ★「雅子さま」の非という冷酷な現実をかたくなに認めようとしない.見ること聞くことさえも拒否し,嫌だ嫌だと逃げ回る. ★特に保守派よ,異議があるならどうして「南京」や「沖縄」の時のように反証を示さないのか? ★「雅子さま」の行状を正当化するためなら水俣病被害者さえも踏みつけにする.... [続きを読む]

受信: 2008-09-06 08:14

» 秋篠宮妃紀子殿下のお誕生日を謹んでお祝い申し上げます. [雅子皇太子妃・皇太子御一家の現状は"第二の女系天皇問題"]
秋篠宮妃紀子殿下のお誕生日を謹んでお祝い申し上げます. 未来の国母となられることを祈念しつつ. どのようにご多忙になられても真摯に公務に励まれ,親王殿下,内 親王殿下のご養育も見事になされるお姿は正に国民のお手本と申し上げても足りぬと存じます. 秋篠宮妃紀子殿下こそ未来の国母とお呼び申し上げるにふさわしきお方. 皆様,紀子妃殿下のためにも,皇室を雅子妃はじめ東宮や小和田一族の思いのままにさせてはなりません!! 関連エントリ( イザ! 本局) 天皇皇后両陛下・秋篠宮文仁親王御一家 http://blu... [続きを読む]

受信: 2008-09-11 23:18

» 本の忠言 [つき指の読書日記]
皇太子さまへの御忠言楽天ブックス テレビ朝日の深夜番組「朝まで生テレビ」をビデオで録画し、朝、それを毎月、観ている。最新の8月は「激論!これからの“皇室”と日本」で、「皇太子さまが結婚されて15年、以来、皇位継承問題、雅子さまのご病状、ご公務についてな...... [続きを読む]

受信: 2008-09-14 09:21

« WiLL9月号は7月26日発売です! | トップページ | 【完全独占スクープ】金正日は心筋梗塞で再起不能 後継をめぐる極秘情報 »