« 中国食品は安全?と言いはじめたみのもんた氏 | トップページ | 皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます、への大反響 »

2008-03-18

チベットと日銀総裁と田中森一氏

瀬尾です。
シナのチベットに対するあいかわらずの人権蹂躙が行われています。
本日(というかもう昨日ですか)のフジテレビ「とくダネ!」では、さすがに皆さん、
「中国側の映像しか手に入りませんから、いったい何が起こっているのかわかりませんね」
と、まっとうなご意見。
いやあ、ここまで中国共産党のイカガワシサが一般に浸透し、日本人が疑ってかかることができるようになったことは喜ばしい限りです。

コメンテーターとして出演されていた私に整体をおごってくれる心優しいマネックス証券社長の松本大さんが、小倉さんにふられて、
「なにが起こっているかは、こういうインターネットが浸透した社会ですから、きっとすぐにネットに出てくるんじゃないでしょうか」
と言っておられました。

中国共産党は期限を設けて、それまでに出頭すれば刑を軽くするとかなんとか言っておりましたが、そんなところにノコノコ出て行く馬鹿はいません。
闇に葬られて、存在しなかったことにされるのがオチです。

小倉さんは、「暴動が起こるということはよほどのことがあったんでしょう」と言っておられましたが、チベットの方々がいずれにしても立ち上がらざるを得ないことはよくわかります。また、ひょっとすれば、中国共産党による罠にかかったのかもしれません。
しかし、すでに多くの命が犠牲になっている以上、これを機にチベット問題に光が当たり、チベットの本当の自治、独立がなされることをお祈りします。

こんな国際的に大きな事件が起こっている中で、日本は日銀総裁が決まらないなどというバカバカしい事態に陥っております。
これについて「困ったことなんですよね」とふられた松本大マネックス証券社長は、
「うーん、しかし日銀総裁が決まらないという件に関してマーケットは反応していませんね(笑)」
と答えたので、小倉さんは驚いて、
「世界では日本の日銀総裁がどうなろうと問題にされていないということなんですか」
と聞いておりました。
松本さんは、
「そもそもこれだけ金利が低いと、日銀総裁がコントロールできる幅が小さいので、そんなに影響がないんですよね」
というようなことを言っておられました。
いつもながらの冷静なご意見、ありがとうございます。

この日銀総裁ゴタゴタの件で、私が個人的に笑わせてもらったのは、16日(日)深夜のフジテレビのニュースが、
「FNNのスクープです」
といい、望遠カメラで撮ったような荒い映像で、
「総理官邸に額賀財務大臣が入りました」とか、
「大島国対委員長が呼ばれました」
などというものが流されたことです。
えー、この状態で夜を徹して話し合っていなかったらおかしいのでありまして、官邸に呼びつけるのは当然でしょう。
それをスクープとは、これいかに(笑)

さて、本日、校了中にもかかわらず、田中森一さんと筆坂秀世さんの共著『どん底の流儀』(情報センター出版局)の出版記念会に行ってまいりました。

なぜ、校了中にもかかわらず出向いたか。
まあ、田中森一さんという人に興味があったのと、なぜ私にこの出版記念会へのお呼びがかかったのかを確かめるためです。発起人の並びを見ても全く理由がわかりません。

帝国ホテルでの立派な出版記念会だったのですが、田中森一さんが3年間の懲役に入るということで、テレビカメラが多数来ておりました。

乾杯の音頭をとられたのは、鈴木宗男先生であります。
鈴木宗男先生は、書籍のページ数を読み上げ、
「ここに筆坂さんがすごい政治家は誰かと聞かれたのに対して、鈴木宗男をあげてくださっています。でも、私がメディアでバッシングされたのは共産党が火付け役で、その中心が筆坂さんでした。もっと早くに私の良さに気づいて頂ければ、私も被告になることはなかった」
などと言いながら笑いをとります。

さらに、
「とにかくこのお二人はタダモノではありません。なんといっても、被告に乾杯の音頭をとらせるのですから」
と言いながら、乾杯です。
いや、さすが政治家、話がうまい。

途中、テレビカメラがザワザワと動き出したので何かと見ていると、宗男先生つながりで、松山千春さん登場!
松山千春さん、早速、挨拶にあがります。
「私はどちらかと言えば右の人間ですが、今日は右から左まで本当にたくさんの方がお集まりですね」
はい、確かに右から左、果ては有名芸能プロの社長やモデルらしきお姉様まで、なんだかわけのわからない集まりでした。

松山さんは、
「常識を突き抜けてしまうのが非常識な人間です。やはりこのお二方のように非常識にならなければいけない。常識を突き抜けられないのは非常識なのではなく、ただの迷惑者です」
というようなことを言いながら、終始、
「ウチの鈴木宗男は」
を連発、やはりすっかり宗男応援団です。

そして、アカペラで、「大空と大地の中で」(だったと思うんですが、誰でも知ってる有名な歌です)を歌ってくれました。
いやあ、ステキでした、歌。
プロだから当たり前とはいっても、あのオーラ、あの声量、あの確かな音程、そして見事な声。
頭はツルツルでもとても格好よいです。
歌を歌えるというのは、すごいですね。
一気に会場が沸きました。
しかも、「右」というのがいい(笑)。

で、結局、なぜこの会に呼ばれたのか最後までわからないままでしたが、松山さんの歌を聴けたので校了を抜け出して、編集長に怒られても行ってよかったです。
肝心の書籍についてはまだ読んでいませんので、また後日。

というようなことで、現在、校了中の5月号は26日発売です!

|

« 中国食品は安全?と言いはじめたみのもんた氏 | トップページ | 皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます、への大反響 »

(9.だめデスク瀬尾の全文責任執筆「裏WiLL」)休載中」カテゴリの記事

コメント

>ぺこちゃんさん、
たくさんコメントを頂きながらレスが遅くなりすみません。
チベット問題によって、世界的な中国包囲網が始まっていますね。
ヨーロッパの毅然とした態度に比べて日本のなんと腰の抜けたことか。
ダライ・ラマさんは、日本にも寄りたいと言っているそうですが、ここで日本もそれなりのきちんとした対応をすべきでしょうね。
日本がアジアにおいてまともで、国力も発言力もある国であると、かつてはたくさんの国々が思っていたでしょうが、もはやイスラム国家も日本には裏切られたと思っているはずです。
平和を尊ぶ国、平和憲法を掲げる国、とおっしゃる左の皆さん、こんな時こそ、リーダーシップを発揮してみたらいかがでしょうか、と私は言いたいですね。
あるサイトで一覧に出ていましたが、日本の人権団体はチベット問題にまったく反応なしだそうです(いまはどうか知りませんが)。
アメリカも対中外交、対中貿易を考えるとやりにくいのはわかりますが、ここで「世界の警察」力を発揮しないと正体見えたりですね。

投稿: 瀬尾 | 2008-04-01 15:38

中国のやり方を見ながら、日本の歴史を考える。日本も、古代はチベットのようだったろうと。民族気質、本質の意識は、わずか5000年ぐらいで変わる事は無い。中国人と共に攻撃的で感情の激しい韓国人が、古代の日本にやって来たなら、そこで何が起きたのか、想像出来るだろう。古代も「中華意識」があった。特に韓国人は学校で「野蛮で未開の地・日本を百済人が支配してあげて国を作ってあげた。教えてあげた」と教えられ、今でも「日本を支配した」事は自慢の対象だ。日本の歴史に彼等が登場しないのは、支配者が隠し歪めた結果。「謎と空白の歴史」の出来上がり。「征夷」の「夷」や「倭」は、彼等が日本を蔑視する言葉。つまり「日本人狩り」。その言葉からも、日本人が書いた歴史ではないとわかる。「日帝」の時代、時の首相「近衛」は、百済直系子孫。「中韓の血」の清算。(日本人の体にもあった)中韓から謝罪も反省も無いが、日本人の痛みを感じていないだけ。今の姿を見れば被害者だけではないとわかるはず。

投稿: ぺこちゃん | 2008-03-26 15:22

チベット問題。中国はヤッキだ。五輪が始まる前に、何とか納めたいとしている。化けの皮はどんどんと剥がされる。韓国のメディアでは「地下資源」があるから、放したくないのだ、とある。チベットは一方的に自らが奪い取った場所。抑圧もあれば、チベットの住人の抑えられた気持ちは、より強く一気に吹き出す。ダライ・ラマが武力を好ましく思わなくても、吹き出す思いを止める事は出来ない。それほど積もり積もって来た抑圧された不満なのだから。しかし、僧侶が関わり捕まったとなれば、世界からの中国批判は避けられない。中国は、初めから今のように大地が大きかったわけではない。周辺の少数部族やチベットにしたように武力で制圧して獲り込んで、今の大きな国に変わった。「中国人」とひとまとめに出来ない理由。この頃では、かつては気にしなかった海の方まで奪い取る勢い。

投稿: ぺこちゃん | 2008-03-21 13:24

日銀総裁の件。全くよくわかりません。民主の言う事は一理ありますが、ただ何でも反対では困ります。気に入らないんなら名を出すべきです。また、首相も民主の言う事をわかっているのに、わざわざ反対するような内容を出すのもどうかと思います。官邸メールでも、やはり「わかっている」事と、だけど「民主が何故反対なのかわからない」と言っています。天下りなどのように、変な繋がりになりかねない事を心配して民主は嫌っているわけで、その事を首相はわかっていないようです。まあ、海外に日本のダメさや首相のまとめる力を発信してしまいました。しかし、日本は一般市民の方がしっかりしている国です。他の国のように、上が強い方がいいとする希望をするから、上に立つ者が自惚れて支配的になるので、どっちもどっちかも知れません。

投稿: ぺこちゃん | 2008-03-21 02:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/40542613

この記事へのトラックバック一覧です: チベットと日銀総裁と田中森一氏:

» 発起人とは [発起人とは]
何事であろうと、何かことをはじめようとするには準備が必要になってきます。 株式会社を設立する場合も同様のことがいえます。 [続きを読む]

受信: 2008-03-30 16:03

« 中国食品は安全?と言いはじめたみのもんた氏 | トップページ | 皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます、への大反響 »