« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008-02-25

特集「毒殺国家、中国」4月号は26日発売です

しばらくご無沙汰してすみません。
だめデスク瀬尾です。

さて、世は中国産食品問題でやっと中国という国についての認識が改められたようで何よりです。そういう意味で毒餃子はよい契機になりました。

で、4月号のWiLLは、

総力特集 毒殺国家、中国

で仕上がっております。

中嶋嶺雄先生の基調論文も大変ためになりますが、何より恐ろしいのは、
「ピル漬け上海ガニと漂白フカヒレ」陳恵運
です。
陳さんは他メディアにも登場されているのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、これを読めば毒餃子などカワイイものだということがよくわかります。
毒入りではありましたが、死人が出ていないのでとにかくまだよかった。
さて、ここで問題です。
中国で牛乳は何から作られているでしょうか?
驚愕の事実が書かれております。

「中国食材は輸入許容指数ゼロ」西法太郎
西さんも今回の件で週刊誌等に多数コメントを寄せていらっしゃいますが、WiLLには以前にも寄稿頂いている食品ジャーナリストです。
今回、西さんは輸入許容指数というものをその国の「民度」などを鑑みてはじき出しました。そしてそれは、私が想像していたよりも悲惨な結果でした……!

「農民の武器は農薬しかない」五十嵐らん
五十嵐さんは中国在住の農業経営コンサルタントです。五十嵐さん自身が農民とふれあってらっしゃるので、とにかくこの方のお話は今の中国を語る上でウソがない。私は毎回、お話をお聞きするのを楽しみにしています。
今回も、「つまりは農民にとって武器になる手近なものは農薬だということです」と非常に明解なご意見。さらには中国の恐ろしい医療事情へと話は及びます。
大国と呼ばれる中国の深い闇が見えるのでおすすめの記事です。

「福田も冷凍餃子を食ってみろ」堤尭 久保紘之(蒟蒻問答)
マニアなファンが多い蒟蒻問答、久しぶりに私もナマで聞いてまいりました。
あいかわらず面白い。
そうです。福田総理があんなに悠々と中国の顔色をうかがいながらの処置しか施さないのは、あなたが冷凍餃子を食べずにすむ環境にいるからです!
で、この対談、中華料理食べながらやりました(涙)。

毒殺国家関連記事はまだまだありますが、ワタクシどもとしては絶対に許してはならない「人権擁護法案」についての強烈な記事があります。
「人権擁護法で日本は暗黒社会になる!」百地章
治安維持法と言ってもよいこの人権擁護法は提出さえさせるべきではないでしょう。テレビは全く報じませんが、とにかくこの恐ろしさを知ってほしいと思います。
推進派はこんなものを通してまで票が欲しいのか!

ということで、今回も読み応えあります。
週刊誌やテレビは「ロス疑惑」に流れると思いますが、毒殺国家から食を輸入している日本人としてはこれを読む必要があると思います。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2008-02-08

倖田來未「羊水が腐る」発言が不快ではない35歳すぎたオンナの独り言

更新が滞っていてすみません。
「だめで」の瀬尾です。

さて巷は毒餃子と倖田來未で大騒ぎです。
餃子は本誌で、ということで本日は倖田來未。

問題の「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくる」発言ですが、こんなにまで攻め立てることでしょうかね。
倖田來未さんの知名度と女性からの支持を考えると、確かに不用意な言葉で、本当の意味で失言です。医学的根拠もないですしね。

でも本来、倖田來未さんは、ズバズバ本音を言うキャラクターで売ってきた人で、さらには関西特有の誇張癖があることも皆、解っているはずでは?

問題の発言の前後の文脈からすれば、「結婚したら早く子どもを産んで欲しい」という強い気持ちを冗談交じりに話しただけです。もちろん、彼女の影響力を考えれば、根拠のないことをネタにするのは軽率だし、居酒屋で友達と話しているのではなく電波にのっているという自覚がなかったのも事実でしょうよ。
でも、そこがラジオのよいところなのにね。

さて、羊水は腐らないにしても、なるべく子どもを早く産んだほうがよいことは事実です。高齢出産になると、いろんな危険がありますよね。

倖田來未さんをイメージキャラクターにしているコーセーは、彼女がらみのサイトを一時閉鎖したとのことですが、うーんと思ってしまいますね。
企業にとってイメージはなにより重要、ターゲット層に反感を買われると商売あがったり、というのはわかりますよ。

でもこういう時こそ、彼女のマネージャーが結婚したことに対する素直な喜びと、羊水関連、高齢出産に関する正しい情報、そういうものを迅速にアップすべきでは?
ネット時代ですよ。
ちょっとデキる広報、宣伝がいれば対処できるでしょう。

倖田來未さんが無知で軽率だったことは否めない事実です。
でも彼女に何を求めているというんでしょうか?
彼女のキャラをわかったうえで起用しているはずですから、一蓮托生ですよ。

しかし「産む機械」発言にしても「羊水腐る」発言にしても、こういう発言に女性は過剰反応しますね。ちなみに、私はとうに35歳を過ぎており、でもせっかく女性だから出産もしてみたいと思っておりますが(予定はまったくありませんが)、倖田來未という人のキャラと前後の文脈を考えると、今回の発言はまったく不快ではありませんがねえ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »