« 今年の三本 | トップページ | TBS「NEWS23」がマイク・ホンダの話を垂れ流し。いったい何を取材しているのか »

2008-01-10

中国の検閲、恫喝に負けちゃった学研さん

みなさん、こんにちは。
今はやり?の「のだめ」ではなく、「だめで」ことだめデスク瀬尾です。
いつもWiLLのご愛読ありがとうございます。

編集長はよせばいいのに、対談、執筆依頼などをこなし、連載をこなし、もちろんWiLLの編集長でありながら、ふらり大阪のテレビ番組に出演したりするのでなにぶん忙しく、なかなかブログを更新できずにいます。

ほんじゃま私が、ということで、裏WiLLとは名ばかりの四方山話をしていきたいと思っております。あんまりかしこまってしまうと面白くないので、全文私の責任執筆ということで、苦情はこちらによろしくお願いします。

さて、本日は「学研」が「中国で地球儀を製造しているから」などという理由で、台湾を「台湾島」と表記したとのニュースが!!

学研は「工場が中国にあり、中国政府の指示で」と弁解、注文が殺到しているので「指示jに従った」と説明しているといいます。はい? それは指示とは言わず、恫喝というのですよ、学研さん。

恫喝に屈して、「中国の言いなり表記」をするとは、「学習研究社」ののれんに傷をつけましたね。天下の学研さん、つまり民間会社がこの調子なんですから、政府の中国に対するペコペコ外交も頷けます。

この地球儀は台湾だけでなく、樺太の南半分と、北方四島以北の千島列島を「ロシア領」と表記しているという。うーむ。

というような報道を受けて、早速、WiLL読者からたれ込みの電話が。
「今、学研さんに電話して怒鳴り込んだんですけどね。対応がめちゃくちゃです。説明もできないようだ」
とのことで、常識ある日本人の怒りに火をつけておりました。

と思っていたら、先ほど、学研さんは「販売中止と返却」を決めたそうで。理由は、「不適切な表記があった」ということだそうですが、いったいどんな恫喝をされたのか事実を白日のもとにさらして頂きたいものですね。

いやはや、中国は民間会社の地球儀にさえ圧力をかけるのです。中国に工場を持っている民間企業の皆さん、気づかぬうちに検閲にかかって、骨抜きにされてるんですよ。しっかりしてくださいね。

|

« 今年の三本 | トップページ | TBS「NEWS23」がマイク・ホンダの話を垂れ流し。いったい何を取材しているのか »

(9.だめデスク瀬尾の全文責任執筆「裏WiLL」)休載中」カテゴリの記事

コメント

家では話題にした。何で中国何かに頼むのかと。教科書問題・歴史問題・領土問題など、完璧に反日の国。地図には領土があるのだから、高くても日本ですべきだった。さらに言えば、サハリン・千島列島から台湾まで日本の領土。サハリンは角、千島は髭、台湾は尻尾。つまり一体の龍体。日本は地球の陸地の原型であり、日本人は長男長女。地球守護神は、その日本を守護している。原型がダメになるわけには行かないからだ。(日本神話に登場する神・地上で直接の神は「天皇」)親であり兄弟姉妹といってもよい。日本の大地は、その神の姿を表している。中国は大陸にあり独立していない。奪って作った姿で、龍とは似つかない腹デコ犬。龍は偽。この三次元は物質世界だが、本体は皆、霊体で作られている。人間もね。三次元が終われば霊体に変わる。もう新時代に入っているから、準備が調えば今の陸地は無い。日本の一部の大地を基本に、新たな形の陸地になる。領土問題は終わる。

投稿: ぺこちゃん | 2008-01-28 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/17641516

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の検閲、恫喝に負けちゃった学研さん:

« 今年の三本 | トップページ | TBS「NEWS23」がマイク・ホンダの話を垂れ流し。いったい何を取材しているのか »