« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007-12-28

今年の三本

 もう年末ですね、こんにちは。なんだかんだと忙しくて、書けませんでした。映画も一本くらいしか見られませんでしたし。その映画も若干、時期が外れてしまったので、今回は今年見た映画のランキングでも。ランキングといっても、順不同でトップ3です。

・『デス・プルーフ in グラインドハウス』
・『街のあかり』
・『パラダイス・ナウ』
 
 『デス・プルーフ』はここには書きませんでしたが、すばらしい作品です。テーマもメッセージもなく、「何もない」というカタルシス。終わった後、呆然とします。タランティーノはやっぱり凄い。ノーカットで、ロドリゲス監督作と同時上映されたUSAバージョンを見に行けなかったのが本当に残念です。

 『街のあかり』も書いてませんね。アキ・カウリスマキの最新作です。見たときはそれほど強い印象を受けませんでしたが、ずっと心に残っています。孤独とやさしさ。大好きな監督です。

 『パラダイス・ナウ』を見返すことはおそらくもうないと思います。あまりにも重くて。しかし心に強く残っています。映画は凄いですね。
 
 そのほかには……。

 邦画では『それでもボクはやってない』がよかったです。周防監督の次回作はまた先になるのでしょうか?

 『明日、君がいない』もなかなかの良作。この作品の監督の次回作が気になります。シリアスで重く痛い作品でした。こういう作品を道徳の時間に流せばいいんじゃないか、と思いますが。
 
 『ダイハード4.0』『ロッキー・ザ・ファイナル』といった続篇映画も結構楽しめました。もっとグダグダになるかと思ったのですが、シリーズものの強さ面白さが出ていました。頭空っぽにして見ても大丈夫! ま、『ランボー4』は行くかどうかわかりませんが。

 こんなところです。
 今年もなかなか良作が多かったのですが、邦画が弱いのが残念(といっても、それほど見ていないので偉そうには言えませんが)。純愛ものはもういいよ……。

 このブログも今回で年内は終わりです。今年一年、読んでいただき有り難うございました。
 来年も、『WiLL』とこのブログ(私の映画感想だけですが)を宜しくお願い致します。
 よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »