« アトラクションムービー | トップページ | 死なない刑事リターン »

2007-06-28

全てが未解決

 今月号、発売中です!

20070623233759
 さて、今回見たのは『ゾディアック』です。監督はデビッド・フィンチャー、出演、ジェイク・ギレンホール、ロバート・ダウニーJr、マーク・ラファロ、アンソニー・エドワーズ。サンフランシスコで、1960年代後半に実際に起きた連続殺人事件を題材にしたデビット・フィンチャー5年振りの新作は、どこまでも誠実に、丹念に描かれた作品でした。

 ドライブ中に、一組のカップルが襲撃される。その後、新聞社に事件の犯人しか知りえない証拠が書かれた手紙と、謎の暗号文が届く。その暗号文を掲載しないと更に殺人を犯すと。そして、犯人は自らを「ゾディアック」と名乗った。新聞社に勤めていた敏腕記者ポール、風刺漫画家グレイスミスが、この事件に興味を示す。
 そんな中、タクシー強盗殺人事件が起きた。捜査を担当したのはトースキーとアームストロング。二人も、この事件をキッカケに、「ゾディアック」に関わっていく。

 現代から見てみれば、お粗末といっていい捜査に見えますが、プロファイリングもなかった当時からしてみれば、あれが限界だったのでしょう。だからこそ、方向がずれていってしまった。
 膨大な証言と証拠、もう少しで捕まえられそうなのに、直前でするりと抜けていく犯人と真実。ずるずると、関係者達は引きずられて行きます。

 キャストは通好みと言ってよく、中でもロバート・ダウニーJrがいいです。不穏な危うさを持った敏腕記者を好演。ジェイク・ギレンホールとの、のめり込んでいく二人の対比が面白かったです。一人は転落、一人は……。

 大どんでん返しも、大胆な演出もありません。真摯に、丹念に、誠実に「人間」を描いています。とはいえ、所々で「フィンチャー節」も炸裂しているのがたまりません。ぐぐぐっと惹きつけられる。あの不穏な空気を体現し続けたのは、フィンチャーの手腕でしょう。
 ちょっと上映時間が長すぎましたが……。

 映画の観客だけでなく当時の大衆は、この事件に対して、ずっと「何か」を期待していました。「何か」あるに違いない。あっと驚く真実があるはずだ。「犯人を捕まえる」以上に、「事件」そのものに熱狂していく。
 しかし事件は未解決のまま、肩透かしに終わり、大衆は冷めていきます。映画の観客もある時、気付きます。「この犯人は、自分の人生をかけてまで、探し続けるような犯人なのか?」と。
 殺人鬼をカリスマにするのは、メディアであり大衆なのです。犯人は、ただのクソ野郎です。

 冷めた瞬間、事件を捜査する関係者達が我々の眼にどう映るか。

 関係者たちは、納得できません。ずっと、きっと「何か」が手に届くだろうと信じ、走り続ける。
 この映画は、連続殺人事件に翻弄され、ついには犯人ではなく、その先にあるであろう「何か」を追い求めてしまった男達の物語です。

 事件への執念、自らの生活、引き返したいという思い、引き返せないという思い……気付いた時、「ゾディアック」は犯人の名前ではなく、事件そのものになっており、残虐非道な犯人を捕まえる為ではなく、長く思い続けていた恋人のような存在になっています。その姿は、切なさすら感じました。
 事件は未だに未解決です。何一つ、暗号文の意味も、殺人の動機も、犯人像も、何もかも藪の中。関わった男達も藪の中へ消えていきました。

|

« アトラクションムービー | トップページ | 死なない刑事リターン »

5.龍さんの『ポップコーンキネマ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/15584833

この記事へのトラックバック一覧です: 全てが未解決:

» 山口母子殺害裁判 -被告出廷「ドラえもんは助けてくれないよ !!」- [NOWNOW]
山口母子殺害裁判 心理鑑定した教授が出廷 山口・光市で99年に起きた母子殺害事件... [続きを読む]

受信: 2007-06-28 18:25

» ピンキーキャッチュ [yesプリキュア5]
カワイイ5人の女の子がピンキーキャッチュで勇敢なプリキュアに大変身。邪悪な組織ナイトメアと戦うぞ! みんなでプリキュア5を応援しよう。ファンには大人気のグッズも色々と紹介しています。見てね〜 [続きを読む]

受信: 2007-06-28 20:47

« アトラクションムービー | トップページ | 死なない刑事リターン »