« イカとクジラと猫 | トップページ | ぶっ飛びジジイ »

2007-01-25

裏切りとモラルとロック

 間をおかず更新ですよ! すぐ途絶えそうですが。

20070121224003
 『ディパーテッド』を見に行きました。監督はマーティン・スコセッシ、出演はレオナルド・ディカプリオ、マット・ディモン、ジャックニコルソン。

 警察に侵入したマフィアと、マフィアに侵入した警察官。裏切りと信頼の物語。

 韓国大ヒット映画『インファナル・アフェア』のリメイクです。私は原作を見ていないので、どう違うかはわかりません。原作ファンがどう反応するのか気になりますが、聞いた話では、ほぼ細部まで忠実にリメイクされているそうです。それでもなおスコセッシ節になっているのが凄い、とも。確かにスコセッシ映画でした。が……。

 「裏切りの連続」と「モラルの崩壊」を描かれた作品であり、エンディングからは道徳的なメッセージを受け取る事ができます。少々喰い足りない部分はありましたが、物語はスリリングだし、音楽もいい。役者陣もよかったです。
 ディカプリオはいい役者になってきましたね。「レオ様」と言われていた頃が懐かしいです。……今も言われているんでしょうか?
 ジャック・ニコルソンの、枯れているのに“色気”のあるマフィアのボスもステキです。
 マット・ディモンはあまり好きになれないのですが、まぁいい演技だったと思います。
 “ネズミ”同士の交錯をもう少し深くして欲しかったです。スコセッシ作品の中でベストとは言わないし、上位にも入らないかもしれないけど、十分面白い映画ではありました。

 しかし―これは『SPA!』で中原昌也氏が書いていた事と同じですが―《何かが決定的に違う》のです。

 無いのか、多過ぎるのか、とにかく《何かが決定的に違う》。
 『ギャング・オブ・ニューヨーク』以降のスコセッシの映画は精彩を欠いていた、と私は思います。考えればディカプリオと組んでからですね。
 それに比べれば、スコセッシ“らしい”作品です。だからこそ、その「決定的な違い」が顕著に現れ、正直なところ、ほんの少しがっくりしてしまいました。次作は「小規模のクルーで、インディペンデントに撮ろうと思う」そうです。何でも遠藤周作の『沈黙』の映画化らしいので、これはちょっと見たい。
 作品の内容どうのよりも、何より、それを痛烈に感じました。
 今が「停滞」であり、この作品でさらに“先”に行ってくれる事を期待したいです。

 そんな中、最も興奮したのは音楽です。使い方が秀逸。

 オープニング、ジャック・ニコルソン演じるマフィアのボスの独白シーン、The Rolling Stones“GIMME SHELTER”が被さる。
 クライマックスに向かうシーン、Dropkick Murphys“I'm Shipping Up To Boston”が鳴り響く。

 どれも、驚くほどカッコ良過ぎです。

 ボブ・ディランやブルースのドキュメンタリー映画を撮っているのに、ここで現役パンクを使いますかね。まさかスコセッシの作品で音楽、しかもロックの興奮を味わう事があるとは。脱帽です。

|

« イカとクジラと猫 | トップページ | ぶっ飛びジジイ »

5.龍さんの『ポップコーンキネマ』」カテゴリの記事

コメント

『インファナル・アフェア』は、香港映画ですよ・・・・。

投稿: ぶんぶん | 2007-02-27 19:46

昨日の2周年記念講演会おつかれさまでした。
沢山の方が来てくださってよかったですね。
スタッフ紹介のとき、若い方が多いのには驚きましたが、それも貴誌躍進の一因なのでしょうね。

今後も頑張ってください。
貴誌の栄光ある未来を祈念しています。

投稿: チョンガー公爵 | 2007-01-29 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/13654106

この記事へのトラックバック一覧です: 裏切りとモラルとロック:

« イカとクジラと猫 | トップページ | ぶっ飛びジジイ »