« That's All. | トップページ | “終わり”へ全力疾走 »

2006-11-27

ナチョ、飛べ!

 何も言わずに感想を。
200611212141211
 『ナチョ・リブレ 覆面の神様』を見ました。

 教会の神父が、孤児のために禁じられているルチャ・リブレ(プロレス)に覆面を被って参戦する、という話は実話です。ジャン・レノ主演ですでに映画化もされています(『グラン・マスクの男』)。しか~し、本作の主演はジャック・ブラック! シリアスじゃない、コメディだ~!! 
 というわけで、驚くほどくだらないコメディです。
 ストーリーを簡単に書けば、ジャックブラック演じる神父が教会で孤児と暮らしており、自分の夢(レスラーになる)を叶えたいし、子供も幸せにしたいし、好きな女性と結ばれたいし、ってえらい欲深いですね……。

 実話が題材になっているのに、妙に嘘くさい感じる物語。いいことを言っているんですが、どこかで聞いた事がありそうなセリフ。ベッタベタなギャグとベッタベタな展開。
 全てが胡散臭い。にもかからわず、それが最高に面白いから不思議です。“一週まわって面白い”現象でしょうか。胡散臭さも全部ならば気にならないみたいな。いや、気にはなりましたが。

 レスラーの役をやるというのに、丸いままの身体でピチピチタイツを穿きながら演じ続けるジャック・ブラックがたまりません。映画の公式サイトでは、ジャック・ブラックは役作りをしたと言っていましたが、一体、どの辺にそれが現れているんでしょう。
 しかし、ちゃんとプロレス技(パイルドライバーからラ・マヒストラルまで)を使っているという無駄な拘りがまた笑いを誘います。イマイチ、プロレスのルールもメチャクチャでしたけど。
 いるのかどうかわからない、ジャック・ブラックの美声もあり。ナチョが惚れるシスターも無駄にやたらと艶っぽくてカワイイ。突っ込みどころしかないです。
 物凄く乱暴に言うと、『スクール・オブ・ロック』のプロレス版、でしょうか。

 いつもより短い感想なのは、面白かった以外に書くことが何もないからです。「頑張れば努力は実を結ぶ」というテーマがありそうだけど、そんなものは微塵も伝わって来ません。
 くだらなくて、面白くて、アホくさくて、笑いました。見終わった後、何も残りませんよ。それがコメディの真髄でもある気がします。
 ナチョ~~!!

|

« That's All. | トップページ | “終わり”へ全力疾走 »

5.龍さんの『ポップコーンキネマ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/12845519

この記事へのトラックバック一覧です: ナチョ、飛べ!:

« That's All. | トップページ | “終わり”へ全力疾走 »