« もっと深みを! | トップページ | 学生時代を思い出した。 »

2006-08-07

非日常

非日常というものは居心地が悪いものです。

珍しく、というか初めて、ホテルの最上階のバーへ行ってまいりました。おっと、艶っぽいお話?ついに、私にも?と思いきや、全くそうではない。某出版社に勤めている編集者のお友達が取材に行くと言うので、便乗したまでのことなのです。

場所は東京赤坂の某ホテル。私と友人は完全なるカジュアルスタイルで、揃いもそろってカーゴパンツ。作業着です。しかも友人はリュックサック。
挙動不審になりながらホテルへ潜入する私たちは、あたかも僻地から大都会へやってきた観光客のようでありました。

そそくさと人目を避けるようにエレベーターに乗り込み最上階へ。
たどり着いたバーは、全体的に暗く、水色や紫のライティングが素敵なオトナのバー。あえて言うなら「バブル全盛のころのバー」ともいえるような様子。その当時は小学生だったので、あくまでもイメージですが…。
確かに薄暗い赤提灯居酒屋も最近はありますが、いつもと趣の異なる雰囲気に呆然。もちろん焼き鳥を焼く煙に燻されるなんてことはありません。
おどおどと席に着くと、窓の外は素敵な夜景!数え切れない明かりを見下ろす。そこで思った。毎日この様子ではうっかり勘違いしそうになるだろうと。「フン、下界の者どもは地を這って働くがいい」こうやってヒルズ族のような人間が出来上がっていくのでしょう。それでなくとも、お客はみんなセレブに見える。気後れすることこの上なし。

メニューを運んできていただき、覗けばその額たるや!!
カクテル2000円。おつまみ2000円。
私たちが普段飲むときの相場といえば、「料理五品と飲み放題」で2500円。普段食べているものが異常なのか、本日目の当たりにしているものが異常なのか大いに悩む。30年物のウィスキーに至っては、一杯で月給が吹っ飛ぶくらいのお値段!!いつも呑みに行けばすぐにメニューを決める私たちも、しばらく動くことができませんでした。

ややあってやっと何とか飲み物とおつまみを決めたものの、注文の仕方が分からない。「すいませーん」なんて大声を上げている人は誰もいない。テーブルに呼び鈴もありはしない。「あれじゃないか、指パッチンとか、手を叩いたりして呼ぶのではないのか…」ドラマでしか見たことのない世界に、現実と仮想の区別もつかない。それも致し方なし。ここは私たちにとっては非日常の世界なのですから。
きょろきょろと見渡し、手を上げて待つばかり。やっと店員さんに発見され、どうにか注文に至りました。

それにしても、なにせ一品が高い。「この一杯を大切に呑まなければならない」「この一皿を大事に行こう」 さわやか高校球児が試合で一球、ワンプレーを大事にする、あの精神です。いつもなら何分かのうちに飲み干す一杯を二時間近くかけて呑みました。もちろん全く酔いは回ってきません。それはお酒の量のせいばかりではなかったでしょう。

帰りがけ、私たちは自分たちがいた最上階を何とはなしに見上げ、
「高いですなぁ、首が痛いですなぁ…」と言ったっきり、非日常のあの光景を思い返すことはありませんでした。そして「夏だで、川原でバーベキューでもしようや」「んだんだ。オラたちらしいや」といいながら日常へ帰って行ったのでした。

|

« もっと深みを! | トップページ | 学生時代を思い出した。 »

4.かじぃーの『或る日の編集部』」カテゴリの記事

コメント

test

投稿: test | 2008-05-28 17:13

女の書く文章ってつまらないな

投稿: やはり女はだめだな | 2007-08-06 17:46

次の文章は、とある新聞記事からの抜粋である。
文章を読んで設問に答えよ。

今、若い女性には「愛されOL」系のモデル、エビちゃん(蛯原友里)が
人気だが、これからは男性にとっての理想像も 「さわやか正社員」系に
なるのかもしれない。そういえば( 1 )も、多少気になるところだが。
                 
問1.( 1 )に入る適切な文を以下の選択肢から選べ。
A.秋冬もののトレンド
B.環境に配慮したクールビズ・ウォームビズ
C.女性の視線
D.自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実


正解
http://www.asahi.com/culture/fashion/TKY200609110089.html


投稿: 大学入試に強い朝日新聞 | 2006-09-16 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/11315835

この記事へのトラックバック一覧です: 非日常:

« もっと深みを! | トップページ | 学生時代を思い出した。 »