« 6月16日 今井仁子さん | トップページ | もっと深みを! »

2006-07-24

トム・クルーズの半開いた口

 お久し振りです。約一ヵ月間書いておりませんでした。映画は見ていたんですけど……。
 言い訳は置いておいて、感想を。

 『M:i:Ⅲ』です。トム・クルーズさんの大人気シリーズです。
200607222002401
 『1』は大好きで何回か見ています。だって、まずキャストがいい。ジョン・ボイトにエマニエル・ベアールですよ。さらに監督がブライアン・デ・パルマ。いやー、最高でした。

 ところが、『2』は、ジョン・ウーがやらかしたのか、トムさんがやらかしたのか知りませんが、面白くないの極致でした。スパイ工作として敵に知られずに侵入したのに、ドアを爆破するわ、何故か敵に姿を見せるわ、ハトは飛ぶわ。スパイ関係なくね? という映画です。ジョン・ウースタイルまんまなので、多分、ジョン・ウーがやっちゃったんでしょう。

 で、『3』です。ちゃんとしたスパイムービーに戻っていてホッとしました。

 今作では攻守が二転三転し、怒涛の如く展開していきます。アクションもド派手。金使ってまっせー、というのが伝わってきます(褒め言葉ですよ)。話のテンポが早いから、物語に深みはありません。ま、全部なんて贅沢なことは言いません。
 毎シリーズ思うのですが、よく見ると主人公イーサン・ハントっ結構自分の都合というか勝手で行動していますよね……それに組織から離れて行動する時も、ずいぶん装備が充実していますよね……ま、いっか!

 敵役は、気持悪い役をやらせたら天下一品、フィリップ・シーモア・ホフマンです。映画デビューの『セント・オブ・ウーマン~夢の香り』でも気持ち悪い高校生でした。オスカーを取ったアル・パチーノの次に印象に残っています。その後も気持ち悪い役を次々と見事にこなしていく様は、もう頼もしいような、それいいのかと言いたいような。まさかオスカーを取ることになるとは……感動しているところ、『カポーティ』の予告を見てみると、やっぱり気持ち悪かったです。ま、演技力があるということですね。
 と言いたいところですが、この映画ではヤル気ナッシング。この人が通常の演技をすれば、他の役者全部喰ってしまうほどの存在になるのに、全然存在感ない。まぁそのおかげで、女優二人が光ったわけだから、結果オーライと言っていい……んでしょうかね。

 ラストは、少し何だかなぁと思ったけど、全体としては面白かったです。見に行こうか思案している人は、どうぞどうぞ。ただ、トム・クルーズは相変わらず口が半開きで、頭悪そうでした。これさえなければもっといいんですけどねぇ。
 トムさんも、もう44歳です。アクションもそろそろ限界でしょう。間違いなく『MI4』は作るでしょうから、どうやって老いとアクションを両立させるのか、そこにも注目したいです。

|

« 6月16日 今井仁子さん | トップページ | もっと深みを! »

5.龍さんの『ポップコーンキネマ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/11081764

この記事へのトラックバック一覧です: トム・クルーズの半開いた口:

« 6月16日 今井仁子さん | トップページ | もっと深みを! »