« サスペンス映画評は難しい。 | トップページ | 6月10日 矢崎泰久さん »

2006-06-28

たまには敵地で

校了が終われば、しばらくは多少時間がある。
もちろん飲み歩くわけですが、昨日は少し趣の違うところへ行ってみました。

「HUB」です!
http://www.pub-hub.com/index.html
「HUB」とは『車輪の中心、転じて人の集まるところ』だそう。
渋谷店というだけあって、確かに若者が集っておりました。

新宿の居酒屋、最近では立飲み屋が安住の地となっている私にとっては、こういうところは「アウエー」しかも渋谷。とはいえ、お酒に変わりはないっ!ということで飲ませていただきました。翌日は仕事ですから控えめに。

一杯目は、W杯にちなんで「サムライブルー」
サッカーボール型の器にナミナミと注がれたサムライブルーに、先日のブラジル戦を思い出して、心もブルー。単に「量が多い」ということだけで選んでしまった。
安いけどおいしい焼酎「ピュアブルー」がベースであるだけに、さわやかな飲み口。呑み終わった後は舌が真っ青でまたブルー。昔屋台で食べたブルーハワイのカキ氷を思い出す。よく考えると「ブルーハワイ」って味も謎ですよね。色ですよね。ボール型の器は「お持ち帰りできますよ」と店員さんに言われたものの、迷わず「結構です」と切り捨ててしまった……。この器に~、緑茶とか注いで飲んでても~、なんだかなぁって感じじゃないですかぁ(若者言葉)。

二杯目は「アブサンクラシック」
アブサンといっても、ホークスのあぶさんではありません。「呑むマリファナ」などとカゲキなあだ名がついているという曰くつきのお酒。網をグラスにおき、その上に角砂糖を乗せて、お水を注いで割るというスタイルのカクテル。
氷が入っていないので、ちょっとぬるい。しかしそれだけに味がよくわかるというもの。ライムの皮っぽい味(ともすれば洗剤のような…)といえばいいのか、ちょっと癖のある味で、好みが分かれそうです。

可愛らしい「ピーチクーラー」や「クランベリーシェイクティ」などには目もくれず、次回は「ハードカクテル」(アルコール度数が高い)を堪能したいと思っています。「天国への階段」はその名に恥じない68度!!本当に天国へ逝ってしまわない様にしなければ……。と思いつつ、高い山があれば登って見たいのが山男なら、度数の高いお酒があるなら飲んで見たいのが酒飲みというものです。

|

« サスペンス映画評は難しい。 | トップページ | 6月10日 矢崎泰久さん »

4.かじぃーの『或る日の編集部』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/10709339

この記事へのトラックバック一覧です: たまには敵地で:

» ソフトバンクホークス 杉内復活へ!気合の100球投げ込み!明日ウエスタンで登板です! [ソフトバンク ホークスが優勝するまで続けるブログ]
ソフトバンクホークス 杉内復活へ!気合の100球投げ込み!明日ウエスタンで登板です! [続きを読む]

受信: 2006-06-29 15:45

« サスペンス映画評は難しい。 | トップページ | 6月10日 矢崎泰久さん »