« おにぎり食べたい。 | トップページ | 居酒屋に見る「回帰現象」 »

2006-04-11

3月27日 小野田寛郎さん

 2月号に掲載した小野田寛郎さんと中條高徳さんの対談を中心にして『だから日本人よ 靖国に行こう』という本を近く出版する。
 その最終打合せのため小野田さんが来社。
 つい先日、ブラジルから帰国したばかり。冬の寒い間はブラジルに戻り、牧場の経営に専念している。84歳の今も、自ら馬に乗って牛を追っているという。
 いろいろ話を伺っていたら電池が切れたらしくテープが止まってしまった。
 単3の電池を持ってきてもらって入れ替えていたら、慌てていたせいで、古い電池と新しい電池が入り混じってどれがどれやらわからなくなってしまった。
 と向かいに座っていた小野田さんが、指さして、「これとこれが新しい電池です」。
 鋭く僕の手元を観察していたらしい。
 さすがだ。これくらいの観察力、注意力があるからこそ、ルバング島で30年間も生き延びることができたのであろうと改めて感心した。
 小野田さんでもうひとつ驚いたのは、長時間、トイレに行かないで我慢できること。
「山中でおしっこをすると、その臭跡をたどられて発見される恐れがある。それで、なるべくおしっこしないように訓練したんです。長い間、そうしていたので、今も1日に1回ぐらい行けば大丈夫」。

|

« おにぎり食べたい。 | トップページ | 居酒屋に見る「回帰現象」 »

1.花田編集長の『今日、この人に会った!』」カテゴリの記事

コメント

なるほど。靖国問題が話題になっていますね。そこに切り込む感じかな。

投稿: BENELOP | 2006-04-11 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/9537823

この記事へのトラックバック一覧です: 3月27日 小野田寛郎さん:

« おにぎり食べたい。 | トップページ | 居酒屋に見る「回帰現象」 »