« 成長しなかった少年。 | トップページ | 野球機構に喝! »

2006-02-27

野球との出会い

今年はちょくちょく更新しますよ〜。いつまで続くかわからないけど……。

先週の土曜日、高校の友達の結婚祝を兼ねてクラス会をしたんですが、友達の一人がこのブログを見てくれているらしく、感想を聞きました。たった一言「長いよ……」。宮田クン、そんなこと言わないで、ちょくちょく見に来ておくれ。そして「長いよ」以外の感想もよろしく。

そんなわけで、今回のテーマは原点に帰って野球との出会いを述べたいと思います。
自他ともに認める野球バカのワタクシですが、もちろん、生まれた時から野球バカだったわけではありません。人はよく、「お前はバットとボールを持って生まれてきたに違いない」とか、「お前の産声は『プレイボール!』だったはずだ」とか言うけれど、そんなアホな。こんなワタクシでも、生まれた時は玉(決して球ではない!)のような可愛い赤子でした(ハズです)。

さてさて、そんないたってノーマルな子供だったはずのワタクシが、野球に初めて出会ったのは、小学一年の夏でした。場所は高校野球の聖地・甲子園球場です。
両親が共働きだったため、夏休みという長期休暇中の三人兄弟の長子であるワタクシの身を案じた両親が、奈良の祖母と叔父の家に預けることにしたのがきっかけでした。
現在の殺伐とした世の中では考えられないことですが、小学一年生のワタクシは何と一人で東京から奈良まで向かったのです。とは言っても、東京駅までは母親に送ってもらい、京都駅に祖母が迎えに来てくれたので、実質一人だったのは、東京から京都までの新幹線の間だけでしたけど。

余談はこれくらいにして本題。
小学一年生の夏休み。叔父に連れて行ってもらった甲子園で見た野球。1974年生まれのワタクシが、小学一年生の時に見たということは、おそらく、あの元祖・大輔フィーバーに沸いていた荒木大輔の頃だろう。叔父も野球好きだったから、あるいは荒木見たさに幼いワタクシを連れて行ったのかもしれない。
20年以上経った今でも決して忘れ得ない原風景は、幼い少年の心を大きく揺さぶった。燦々と太陽が照りつける大きなグランドに立つ九人の選手。真ん中にいる選手から放たれるボールを大きな棒で振り回す違うユニフォームを着た選手。その棒で打ち返されるボールに沸き返る観客とそれを追う九人の選手。静寂と興奮が交差する観客席……。見るもの聞くもの全てが新鮮だったあの空間。次の瞬間、叔父に向かってこう言っていた。
「これは何? 面白いね」
そのとき初めて野球というものに出会い、野球の素晴らしさに虜になり、野球の奥深さに魅了され、野球の魔力に取り憑かれた。
帰京後、父親に言った。「野球を見に行ったよ、面白いね。あれやってみたい」
父もまた野球好きだった。巨人が好きだった、長嶋茂雄が好きだった。必然、巨人が好きになった。もちろん高校野球も好きになった。MLBも好きになった。野球がとっても大好きになった。野球に恋してしまった。野球に嫉妬してしまった。野球が嫌いにもなった。でもやっぱり野球を捨てられなかった。だから前よりももっともっと大好きになって野球を愛した。そして今は──そんな感情さえも超越した。ごく当然のようにワタクシの中に存在している──それが野球というもの。

最近、野球仲間とよく交わす言葉がある。
──野球って、ホント面白いよな──
野球って知れば知るほど、好きになればなるほど、どんどん面白くなっていくものかもしれない。だから、野球ってやめられないんだよなぁ。
──そう、まるで男女の恋愛の如く、奥深いものなのかもしれない……──

|

« 成長しなかった少年。 | トップページ | 野球機構に喝! »

2.小島GMの『平成野球維新』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/8861227

この記事へのトラックバック一覧です: 野球との出会い:

« 成長しなかった少年。 | トップページ | 野球機構に喝! »