« ヒトラーという男。 | トップページ | ある読書法。 »

2005-08-23

8月8日 格闘二人祭

 新宿ロフトプラスワンでターザン山本!さんと吉田豪さんが格闘技のことを喋るというので、編集部の川島龍太と行ってみる。チケットはとっくに完売。
「取材に来ました!」。
 こういう時、編集者は便利だ。なんでも「取材!」。
 ターザン山本!さんは喋りはうまいし、書くものは、これだけ己れをさらしてもいいのかと思うくらい、「私」を語っておもしろい。葛西善蔵とか島崎藤村のような徹底的な私小説を書けば賞を狙えるのではと秘かに思っている。
 豪さん、こちらも書くものすべておもしろい。『TVブロス』の「古本新喜劇」愛読。最近出版された『元アイドル!』(ワニマガジン社)、タイトル通り元アイドルのインタビュー集だが、これは豪さんでなくては出来ないインタビューだろう。
 長髪だった山本さんが、帽子を脱ぐと丸坊主になってたのには驚いた。
「ファンだというヘアサロンの女の子がやらせてくださいというんで、横浜黄金町の店まで行ったんだよ。電車賃使って。『おまかせでいいですか?』と聞かれたので、つい『いいです』と答えたら、いつの間にかこんな風にされちゃって。この方がいいっていうのよ。いかりや長介ふうにしたって。文句も言えないじゃない。
 で、その後、彼女の仲間と横浜でメシを食ったんだけど、割り勘だし、そのうえ『山本さん、割引しときます』って整髪代まで取られちゃった。2000円。泣くに泣けなかったよ」
 会場大爆笑。その後も爆笑また爆笑で4時間、観客は大喜びだった。
 毎晩、こういうイベントが行われ、人が集まってくるのだから東京という街はおもしろい。東京から離れられない。
 但し、ぼく自身は新宿、とくにゴールデン街周辺は苦手。

|

« ヒトラーという男。 | トップページ | ある読書法。 »

1.花田編集長の『今日、この人に会った!』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/5596365

この記事へのトラックバック一覧です: 8月8日 格闘二人祭:

« ヒトラーという男。 | トップページ | ある読書法。 »