« 7月14日 田原さんのパーティー  | トップページ | 8月2日 八杉康夫さん 戸高一成さん »

2005-07-28

7月19日 鈴木久雄さん 

 久しぶりに麹町の焼肉屋東生苑に行った。9月号の校了が早く終ったのでスタッフと一緒に。
 文春にいた頃は毎週のように来ていた時期がある。あの頃はよく仕事もしたが、よく遊び、よく食べた。ご主人の鈴木さん夫妻は気さくないい方たちで親しくしていた。
 相変らず肉は極上。若いスタッフがうまいうまいと食べるのを眺めているのは気持がいい。驚くほどの食欲。若いっていいなぁと感慨にふけっていると、白髪混じりの髪を短くした中年男性が入ってきた。ニコニコしている。
 一瞬わからなかったが、ご主人の鈴木久雄さんだった。
 小さなカードを差し出す。
 見ると、「言葉が不自由なので、ゆっくりしゃべってください」と書いてある。
 脳梗塞の後遺症だという。
 それでもゆっくりならしゃべれる。言いたいことは伝わる。
 7年前に発病し、やっとここまで回復した。たどたどしい言葉で一所懸命説明してくれた。そういえば、何回か来た時も会わなかった。
 ぼくが来たのをとても喜こんでくれた。
「そうか。でもよくここまで……。よかったねぇ。頑張ったねぇ」
 思わず涙がこぼれそうになって困った。
 鈴木さんはとても研究熱心だった。
 ぼくが他の焼肉屋で食べて、あそこがうまかったと報告すると、すぐにその店に行き、自分で食べてきて、次に行った時に解説してくれる。いいところはすぐに取り入れる。
 帰りに一階を覗くと調理場で以前と同じように指揮をとっていた。
「鈴木さん、また近いうちに来るね。奥さんにもよろしく」
 握手をした。
 とてもいい笑顔だった。
 誰も一所懸命に生きている。そして生きているからこそ、再び会うこともできる。人間はやっぱり素晴らしい。

|

« 7月14日 田原さんのパーティー  | トップページ | 8月2日 八杉康夫さん 戸高一成さん »

1.花田編集長の『今日、この人に会った!』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/5200383

この記事へのトラックバック一覧です: 7月19日 鈴木久雄さん :

« 7月14日 田原さんのパーティー  | トップページ | 8月2日 八杉康夫さん 戸高一成さん »