« 6月22日 東條由布子さん  | トップページ | 心、弱すぎ。 »

2005-06-29

ビートたけしに学べ。

 今回はゲーム、というか暴力表現について書きます。

 まずはこの記事を。
 この『グランド・セフト・オート3』はエグイ演出があるゲームだという噂は聞いております。しかし、それ以上に面白い、という噂をよく聞きます。私は先日『Killer7』というゲームを買いました。ガンアクションゲームです。人が死ぬ描写も出てきますし、血も吹き出ている。案の定、18歳以上推奨です。でも面白いです。ゲームについても語りたいですが、今回は置いておきます。

 先日、15歳の少年が両親を殺害して逮捕された事件がありました。その事件について、いろんなニュースやワイドショーのコメンテーターが、
「“無差別殺人ゲーム”に熱中していたようです、ゲームって怖いですね!」
「そういうゲームをやると残虐性が表に出てきちゃう、ゲームって怖いですね!」
「きっとこの子は現実との区別がつかなくなっちゃったんです、ゲームって怖いですね!」
 と騒いでいました。こういう考え方は楽でいいですね。多分、私が犯罪を起こしたら、今なら前述の『Killer7』をやっていたので、銃を乱射したい傾向があったんだ!となるでしょう。
 さらにゲームのサイトを見たというコメンテーターが、
「感想が書かれていたのですが、“確かにこのゲームをやり終わった直後は、道を走っている車から人を引きずりだしたりしたくなる”とありました……」
 と深刻そうに言っていました。『コーヒー&シガレッツ』の時にも書きましたが、この映画を見てコーヒーを飲みたくなる、『燃えよドラゴン』を見て妙な構えをしながら歩く……などなどしたくなるものです。このコメンテーターはそういう経験がないんでしょうか。映画を見たことがないのか、そこまで想像力がないのか、見てすぐ内容を忘れるのか、この3つの内のどれかでしょう。

 少年犯罪が増え始めてから、その原因をゲームに押し付ける傾向が強くなってきました。JR西の電車事故の運転手もゲーム脳だ!という記事もありました。少女を監禁した青年もゲーム(こちらはアダルトゲームですが)をやっていた影響だとか。
 絶対にゲームに非がないとはいいません。やっている以上、何かしらの影響があるに違いない。しかし、あまりにも短絡的に「ゲームは駄目の駄目駄目だ!」という結論になっている気がします。ゲーム以外でも本や映画やマンガがやり玉に挙げられることが少なくありません。「有害図書」で多くの人の記憶に残っているだろう問題は、『バトル・ロワイヤル』という映画でしょう。中学生が殺しあう、というショッキングな内容のために国やら何やらが非難轟々でした。

 「有害だ!」といって頭からつぶすのが正しいわけがありません。
 子どもに汚いものを見せないように、汚いものを世界から無くす。言ってることは至極まっとうに聞こえますが、結局世の中には汚いものがあるんです。無くなることはない。むしろ、子どもにそういったものを見せて、それがどういうものなのか、どう対処していけばいいのか、教えなければいけないのではないでしょうか。

 前述のコメンテーターたちは、是非ビートたけしのフライデー事件後の記者会見を知って欲しいです。
 ビートたけしがたけし軍団と雑誌『フライデー』編集部を襲撃した事件。事件後、釈放されたたけしは記者会見で記者から、
「人気のある芸能人がこんな事件を起こして、世間の子どもに影響があるとは考えないんですか?」
 という質問をされました。するとたけしはこう答えたのです。
「別にイイコちゃんで売っていたわけじゃない。俺の代わりはいくらでもいる。俺がやったことは悪いことなんだから、親が子どもに『たけしは守るべきものを守ろうとした、ただやり方がまずかったんだ』と言えばいい。それでわかんなかったらその子どもが馬鹿なんだ」
(うろ覚えなので正確ではないかもしれませんがこういうニュアンスの内容です)
 オノレの責任逃れと、オノレの子どもの無能っぷりから逃れたい人間たちにこの発言を捧げます。

|

« 6月22日 東條由布子さん  | トップページ | 心、弱すぎ。 »

5.龍さんの『ポップコーンキネマ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/4662291

この記事へのトラックバック一覧です: ビートたけしに学べ。:

» ゲーム脳とたけしの挑戦状 2003.6.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
昔、たけしの挑戦状、というゲームが ファミリーコンピュータにありました。 かなり... [続きを読む]

受信: 2005-09-13 03:16

« 6月22日 東條由布子さん  | トップページ | 心、弱すぎ。 »