« ハリウッドを鼻で笑う。 | トップページ | すまねぇな! »

2005-05-26

行け伊良部一郎!

 松尾スズキ主演『イン・ザ・プール

 奥田英朗『イン・ザ・プール』の映画化です。これと『空中ブランコ』の2冊は伊良部一郎という精神科医が主人公で、いろいろな精神病(神経病)の人が出てきて伊良部が解決するんですが、そのやり方が無茶苦茶。治療できてはいるんだが、本当に治療する気のなのかどうかもわからない、爆笑キャラ。なかなか面白く、気軽にも読めるしオススメです。
 私はこの本を松尾スズキ主演で映画化することを聞いた後で読んだんで、もう伊良部が松尾スズキにしか見えませんでした。そしてそれが何の違和感もなかったのがちょっと驚きです。。
 なので、映画を観る前もおそらく、予想通りだが期待以上ではないだろうと思っていました。
 果たしてその通りで、物語は原作に忠実。ちょっと構成が面白かったです。
 しかし。
 しかしです。
 松尾スズキ、怪演。
 あまりにも、嗚呼、あまりにもハマリ過ぎ。面白すぎます。予想通り過ぎて違和感がなさすぎて期待を上回った演技。そんなことがあるのか、といえばあるんです。
 演技の上手い下手ではない。松尾スズキ=伊良部一郎なんです。今度テレビで阿部寛(フジテレビ『空中ブランコ』)がこの伊良部を演じるそうですが、阿部ちゃん、君のことは好きだが如何せん今回は分が悪い。勝てないよ。だって、伊良部は松尾スズキなんだもん。
 原作を読んでいない人は勿論、読んでいても松尾スズキを観る為だけに是非。笑います。
 と、私は思ったのですが、私が観た回は満員にもかかわらず笑いがそれほどなかった気がします。横の女性は全然笑っていませんでした。私は大笑いしていたんだが。何故でしょう? 確かにマイナーな“笑い”な気もしますが。なんせ、脚本・監督がシティボーイズのコント作家(演出も)していた三木聡氏ですから。 う~む、万人向けの笑いではないんでしょうか。その辺は見た人に聞いてみたいです。

 この時の映画予告でなかなか面白そうな邦画をやっていました。
 日本映画にちょっと期待してもいいかもしれません。

|

« ハリウッドを鼻で笑う。 | トップページ | すまねぇな! »

5.龍さんの『ポップコーンキネマ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/4247215

この記事へのトラックバック一覧です: 行け伊良部一郎!:

« ハリウッドを鼻で笑う。 | トップページ | すまねぇな! »