« 原稿用紙の話。 | トップページ | 4月25日 石川牧子さん  »

2005-04-28

飽きてきたCG映画

 キアヌ・リーブス主演『コンスタンティン
 (http://constantine.warnerbros.jp/
  
 物語は、かつて2分間だけ自殺に成功したことで、天国行きを閉ざされたジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなり悪魔たちを地獄に追い返す日々を送っている。ある日、いつものように悪魔払いをするが……、というもの。天国と地獄と人間界、というキリスト教の考えに基づいた映画です。
 『WiLL』で映画評論家の吉田真由美さんが取り上げています。なので評はそちらを読んでください。私の何十倍的確な評です。

 予告を見る限り、『マトリックス』と何が違うのかイマイチわかりにくいことで有名(?)な『コンスタンティン』。キアヌ・リーブスはしばらくの間は『マトリックス』が呪縛になる気がします。ヒットするのはもちろんいい事ですけど、ヒットすることによってその映画のイメージが定着してしまうのは俳優にとっていろいろ大変です。

 それにしても、もうSFXを駆使したCGたっぷりの映画にはビックリしなくなりました。『ジュラシックパーク』を初めて見た時はかなりの驚きがありましたが、月日は流れ、「ないものがある」風景を作り出すことにたいして、観客は慣れてしまったのです。どんなに細かく、リアルに、また有り得ない風景を描いても「へー凄いねぇ」で終わってしまう。CGなどコンピュータに頼った映画もいいですが、そろそろ肉体を、人間を使った面白い映画を作らないと映画界、というよりハリウッド映画の先はないと思います。

|

« 原稿用紙の話。 | トップページ | 4月25日 石川牧子さん  »

5.龍さんの『ポップコーンキネマ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79109/3892986

この記事へのトラックバック一覧です: 飽きてきたCG映画:

« 原稿用紙の話。 | トップページ | 4月25日 石川牧子さん  »